URLとドメインの違いについて解説。どんなドメイン名にすればいいの?という疑問を解決!

URLとドメインの違いについて解説。どんなドメイン名にすればいいの?という疑問を解決!

自分でサイトを運用するようになって、ぶち当たる壁。

 

それはITの専門用語ではないでしょうか?

長いカタカナ文字、略称、表記の不統一など、ググっても本を読んでもいまいち理解できない……という経験は誰にでもあるはず。

このサイトのテーマであるライフチェンジングハックをしていくにあたり、ITリテラシーの向上というのは避けられない道でもあります。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
この記事では「URLとドメイン」についてお伝えします。
なぜ世界中の人たちが自分のWebサイトを見ることが出来るのか? この記事では、そのことを理解しましょう!

 



 

 

 

ドメインとは?

 

Webサイトを表示するとき、僕たちは「https://www.weblife-changinghacks.com」というようなURL(Webサイトのアドレス)を指定してアクセスします。

このURLのうち、weblife-changinghacks.comの部分がドメインです。

 

家に例えるなら、ドメインは「表札」みたいなもの。

ドメインは重複が許されない世界で一つだけのものです。

 

ドメインを取得するには、「お名前.com」というようなドメイン公式登録サービスを利用します。

お名前.comはこちらから

URLとは?

 

URLは、「Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ)」の略で、細かく分けると下図のような要素が集まって構成されています。

URLを構成している要素
▲URLを構成している要素。

 

 

ネットワークのやり取りは、現実世界の「郵便」と似ています。

いわば、URLはネットワーク上の住所となります。

それではURLを構成する一つひとつの要素について見てみましょう!

 

ドメインのトップレベル、セカンドレベル、サードレベル

 

ドメインとは?
▲ドメインとは?

 

URLを構成する要素のひとつドメインは、

  • トップレベルドメイン
  • セカンドレベルドメイン
  • サードレベルドメイン

の3つに分けられます。

 

例えば、co.jpは会社のドメインとして使われます。

ac.jpであれば教育機関、go.jpであれば日本国の政府機関です。

 

coやacといった部分は、分野別トップレベルドメインと呼ばれ、組織の種類を表します。



要するに決まった組織が運営するサイトでのみ使用可能なドメインです。

 

ドメインパワーが文句なしに強いのは、このトップレベルドメインです。
※ドメインパワーについては、この記事の後半で詳しくお伝えします!

 

ドメインをさらに分解すると――

「co.jp」のjpの部分は国別コードと呼ばれ、日本はjp、アメリカはusとなります。

 

他にも世界の誰でも登録可能なcom(商業組織用)、net(ネットワーク用)、org(非営利組織用)があります。
しかし、こちらのドメインは、セカンドレベルドメインに登録されます。

 

つまり、comやnetといったドメインは、co.jpやac.jpよりもドメインパワーが弱いということになります。

 

2000年以降、infoやbiz、travelなどさまざまな種類のセカンドレベルドメインが増えてきました。
こうしたドメインの管理や普及は、ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Number)という団体が行っています。

 

プロトコル

 

プロトコルとは?
▲プロトコルとは?

 

簡単に言うと、通信手段のルールのことです。

人が誰かと話すとき、日本語、英語といったような言語があるように通信手段にもルールがあります。

 

そのルールとは、HTTP、HTTPS、IP、FTPといったもので、さまざまな種類があるんですね。
これらは用途や技術によって使い分けられています。

 

スキーム

 

スキームとは?
▲スキームとは?

 

URLの先頭にくっついている「http://」の部分のこと。

スキームは説明すると専門的で難しくなってしまうので、ここではプロトコルを構成するものという理解で十分です!

 

ホスト名

 

ホスト名とは?
▲ホスト名とは?

 

WWWはWorld Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)の略称です。

訳すと「世界的に張り巡らされたクモの巣」という意味ですね。

 

インターネットは、世界中のコンピュータを接続する巨大ネットワーク。
アメリカの国防総省によって1969年に作られたARPANET(アーパネット)が発展したものです。

1980年代後半にインターネットに名称を変え、商用利用が開始されました。

 

インターネットはもともと軍事利用されていた技術で、基地が爆破されても通信できるように開発された技術でした。

 

このWWWというサービスが世界中のWebページの公開と閲覧を可能にし、ハイパーリンクなどの技術によって世界中の情報を結び付けています。

 

ディレクトリとファイル名

 

ディレクトリとファイル名とは?
▲ディレクトリとファイル名とは?

 

ドメインが住所だとすると、ディレクトリとファイル名は家の中の部屋です。

サーバー内のどこにファイルがあるのかを教えてくれています。

 

 

[adchord]

 

 

IPアドレスとDNS

 

さて、このドメインですが、weblife-changinghacks.comというように人間が認識しやすい文字列となっています。

しかしコンピュータは、数字で表す信号しか処理できないんですね。
その数字の羅列をIPアドレスといいます。

 

例えば、「121.122.123.124」といったような感じです。

このような数字の羅列だと、人間はわかりにくいですよね。

 

IPアドレスの代わりに人間が認識できるようなドメインに変更するシステムをDNS (Domain Name System/ドメイン・ネーム・システム)と言います。

 

ドメインパワー

 

ドメインについて理解できたでしょうか?
最後にブログを運用するうえで知っておきたい「ドメインパワー」について説明します。

 

インターネット上にはサイトが無数に存在します。
建物にも「大きい」「小さい」「綺麗」「汚い」があるように、ドメインにも強いドメインや弱いドメインがあります。

 

ドメインパワーは、moz.comというサイトで簡単に調べることができます。

ただし、このMoz.comの指標は検索エンジンの順位には影響しません。
Googleのジョン・ミューラー氏が明言していますので、注意してください。

 

下記URLからサイトにアクセスして、URL入力欄にドメインパワーを調べたいサイトのURLを入力して「Search」をクリックしてください。

https://moz.com/researchtools/ose/

 

Moz.comについて
▲Moz.com

 

「DOMAIN AUTHORITY」という箇所を見てください。
100点満点で表示されます。

サイト開設から日が浅いということもあり、このサイトは1……。

 

自分のWebサイトだけではなく、いろいろなサイトを見ることができます。
検索上位にいるWebサイトのドメインパワーを調べてみるとおもしろいですよ。

 

DOMAIN AUTHORITYを調査
▲DOMAIN AUTHORITYを調査。

 

このDOMAIN AUTHORITYをアップさせるためには、以下のことが指標となるようです。

  • 運用年月
  • 記事数
  • 更新頻度
  • 被リンク数

 

ただし、moz.comは、あくまで参考程度として調べてみてください。

 

 

ドメインパワーは強いとメリットしかないのですが、強くするためにはかなりの時間を必要とします。

早く検索順位をあげたい、サイトの収益化を急ぎたいという場合は、中古ドメインを検討するのも手です。

検索エンジンにペナルティを受けたドメインというのがあるので、中古ドメインの場合は選定が難しい。
中古ドメインを購入する場合は信頼でき専門の業者を利用するのをおすすめします。

 

ペナルティドメインなし。高品質中古ドメインはこちら


どんなドメイン名がいいのか、考えてみる

 

avatar

山根ただし

自分のブログを作るとき、どんなドメインがいいのか考えみました!

 

分野別トップレベルドメインから絞り込む

 

例えばA社のコーポレートサイトが「http://〇〇.co.jp」と「「http://〇〇.com」の2つ存在した場合、Googleは「http://〇〇.co.jp」のほうを検索結果の先に表示する傾向にあります。

 

「co.jp」は1企業につき、1つしか取得できないドメインです。

 

Googleでは「co.jp」のほうが公式という認識が強いようですね。

ですから、「co.jp」のドメインを取れるなら、基本的にはこれがおすすめ。

 

表示させたい国から絞り込む

 

最近では多言語サイトも増えてきました。

 

くわえて、Googleの検索ロボットの質も高くなってきているので、ページの内容は書かれている言語から判断しています。

とはいえ、適切にその国のユーザーに情報を届けたい場合は、国別コードが入ったドメインを使ったほうが良いとあります。

 

日本のユーザーに向けて、日本語で記事を書く場合は、「jp」が良いということですね。

 

Googleは、サイトのターゲットを特定の国に設定する場合、以下のことを判断基準としています。

サイトがターゲットにしている国を Google が把握できれば、この情報を使用して各国の検索結果の品質を向上させることができます。通常、Google では以下の要素を使用して、ウェブサイトがターゲットにしている国を判断します。

  • 国別コード、トップレベルドメイン名
  • 地域ターゲティングの設定
  • サーバーの場所(サーバーのIPアドレスを使用)
  • ページに記載されている住所や電話番号、使用されている言語や通貨、他のローカルサイトからのリンク、Google マイビジネスの利用

 

個人サイトの場合

 

個人のサイトの場合は、「co.jp」といったドメインを使えません。

ですから、「設定が簡単」で「Search Consoleの地域ターゲティングを使用できる」という点で、「.com」がおすすめです。

 

サードレベルドメインはどう決める?

 

少し前までは、検索キーワードと同じ文字がURLに含まれている場合、検索結果に表示されるURLにはその文字が太字で表示されていました。

しかし、今ではそういった表示はなくなっています。

 

URLの文字列と検索キーワードの関連性については、Googleは名言していません。

 

「ドメイン名はSEOに関係あるかも」と深く考えないで、自分の愛着が湧くような、そしてユーザーにとって覚えやすいドメインにすればよさそうです。

 

まとめ

 

avatar

山根ただし

この記事ではドメインとURLについて解説しました。
ドメインと一口に言っても、けっこう奥が深いですよね。ドメインは自分のサイトの表札となるものですから、しっかり考えてから決めましょう!

 

  • URLの構造を理解しよう
  • ドメインパワーを考えよう
  • ドメインを選ぶときはGoogleのガイドラインも参考にしよう

 

 

こちらの記事で、ドメインの取得から設定までをわかりやく解説しています。

初心者でも迷わない!独自ドメイン取得から独自SSLの設定までをわかりやすく解説

 

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG