ads.txtとは?AdSenceの警告に対処する方法【デジタル広告の仕組みを理解しよう】

ads.txtとは?AdSenceの警告に対処する方法【デジタル広告の仕組みを理解しよう】



こんにちは。分析おたすけマンこと、山根です(Twitterはこちらから)。

Google AdSenceを利用している方には、下記のような警告が表示されているかもしれません。

ads.txtの警告
▲ads.txtの警告

 

要注意:ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

山根ただし
う~ん……。
何やら物々しいですね。

 

ads.txt(アズテキスト)と読みますが、これ一体何なのでしょうか。

この記事では、

  • ads.txtとは?
  • Google AdSenceの警告に対処する方法

についてお伝えいたします。

 

 

ads.txtとは?

 

「ads.txtって何?」という方に、まずは簡単に説明しておきます。

ads.txtとは、IAB Tech Lab(Interactive Advertising Bureauの略)という機関が提唱する技術。

オンライン広告の、

  • 取引の透明性
  • 信頼性の向上

を目的として導入が進められています。

要は広告詐欺を防止するための技術ということなんです。

 

IAB Tech Labはデジタル広告の課題解決を目指す期間

デジタル広告のイメージ画像

 

IAB Tech Labは、デジタル広告のグローバルな技術標準の確立と導入を促進するための国際的な期間。
本拠地はアメリカのニューヨーク州にあります。

GoogleやYahooを始め、Microsoft、楽天、GMOなど、多くの広告配信プラットフォームが加盟をしている機関なんですね。

 

IAB Tech Labの取り組みとしては、

  • 広詐欺防止ための仕様詳細である「ads.txt(アズテキスト)」の公開
  • 広告枠の入札をリアルタイムに行い、スピーディーな広告取引を実現する「Open RTB(Real Time Bidding/リアルタイムビッティングの略)」の公開
  • 広告が適切に表示され、視認性向上に関するプログラムや技術文書などをまとめた「SDK(Software Development Kit)」の公開
  • Cookieドメインを利用して広告マッチングの精度を飛躍させるIDサービス「DigiTrust」の公開
  • 動画広告の最適な配信、遷移先、解析方法の仕様となる「VAST(Video Ad Serving Templateの略)」の策定

などがあります。
最新の技術で、デジタル広告の明るい未来のために活動しているということ。

 

デジタル広告の技術は日進月歩ですが、まだまだ活用しきれていない企業がほとんど。

興味のない商品やサービスの広告がしつこく表示される。
みなさんも経験あるのではないでしょうか?

その結果、「広告は邪魔」と思うユーザーが増えてしまっているのは、マーケターのはしくれとしても悲しい限りです。

しかし、IAB Tech Labの取り組みを見ていると、ユーザーにとって最適な広告が表示されるようになる日は遠くないのでは? と思っています。
そうなると、個人ブロガーやアフィリエイターにとっても追い風になるかもしれませんね。

 

ads.txtの設置方法

 

それでは早速、「ads.txtの警告」に対処してみましょう。

そんなに難しくなく対処できてしまうので、慌てずに1つひとつ対応してみてください。
Googleの公式にヘルプページも用意されているので、合わせてご覧ください。

 

1:AdSense向けのads.txtを作成

 

まずは新規でテキストファイルを開きます。
Windowsであれば「テキストドキュメント」、Macだと「CotEditor」が便利。
「Brackets」や「sublime」といったテキストエディタでもOKです。

今回、僕はWindowsの「テキストドキュメント」で対応します。

テキストファイル
▲テキストドキュメントで対応

 

Googleのヘルプページに記載のある下記コードを、テキストファイルにコピペします。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

次に「pub-」の後の「0が並んでいる部分」を自分のサイト運営者IDに置き換えます。

サイト運営者管理は、AdSenceの管理画面から「アカウント」>「アカウント情報」に遷移して確認できます。

AdSenceのサイト運営者ID
▲AdSenceのサイト運営者ID

 

山根ただし
余計なスペース(余白)が入らないように注意してください。

 

2:テキストを保存する

 

運営者IDを置き換えたら、テキストファイルを保存します。

その際、データの名前は必ず、

ads.txt

としてください。

 

ads.txtのファイル
▲名前をads.txtとしてファイルを保存

 

3:ads.txtをサーバーにアップロードする

 

次に作成したads.txtをサーバーにアップロードします。
「FileZilla」や「FFFTP」といったFTPクライアントでも作業できますが、今回はレンタルサーバーの管理画面から直接アップロードする方法をお伝えします。

 

ちなみに僕は、エックスサーバーを利用しているので、そちらで説明していきます。

エックスサーバーにアクセスして、「ファイルマネージャー」にログインします。
もしくは「インフォパネル」>「ファイル管理」でもOKです。

エックスサーバーにアクセス
▲エックスサーバーにアクセス

 

ログインしたら、自分のブログのドメインファイルを選びます。

自分のブログのドメインファイル
▲自分のブログのドメインファイルを選択

 

その次に「public_html」のファイルを選びます。

public_htmlを選択
▲public_htmlを選択

 

「public_html」に遷移したら、このフォルダ内にads.txtをアップロードします。
アップロードの仕方は、「ファイルを選択」>「アップロード」のボタンをクリックするだけです。

ads.txtをアップロード
▲ads.txtをアップロード

 

アップロードが成功したら、下図のようにファイル名が表示されます。

ads.txtが表示されたか確認
▲ads.txtが表示されたか確認

 

 

ads.txtを設置したら確認したいこと

 

サーバーにアップロードして、ドメイン上にads.txtファイルを設置したら、以下のように確認してみましょう。

  1. 自分のサイトのURLの後に、/ads.txtと入力
    例:https://weblife-changinghacks.com/ads.txt
  2. ブラウザ上にads.txtに入力した文字列が表示されればOK

 

表示されない場合は、以下を確認してみましょう。

  • 404エラーになっていないか
  • 無効な空白文字などがないか?
  • robots.txt によってクロールが禁止されていないか

 

僕の場合は、ads.txtをアップロードして1時間ほどで警告は消えてしましたが、サイトによっては警告がすぐ消えるわけではありません。
Googleのクローラが回ったタイミングとなりますので、後日もう一度、管理画面を確認してみましょう。

 

Googleのクローラは次のように動作します。

  • 24 時間ごとにファイルをクロール
  • ファイルの内容を解析して、その広告枠から収益を得る権限を持つ販売者のIDを特定

 

おそらく1~2日あれば、警告は消えるかなと思います。

 

山根ただし
ads.txtの対応、ご苦労さまでした。
作業自体は簡単だっと思います。
この機会にデジタル広告の仕組みについて、知っておくのもいいですよね。

 


 

よく一緒に読まれている記事

 



ads.txtとは?AdSenceの警告に対処する方法【デジタル広告の仕組みを理解しよう】
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG