【Googleアナリティクス】必ず設定しておきたい3つの初期設定

【Googleアナリティクス】必ず設定しておきたい3つの初期設定

Googleアナリティクスのトラッキングコードを自分のWebサイトに設置。

「やったー! アクセスを計測できた!」
で、終わっていませんか?

 

ちょっと待ってください!

 

設定はそれで終わりではないんです。

 

Googleアナリティクスは、無料で使える高機能なアクセス解析ツール。

その高機能を利用するためには、最初にいくつか設定しなければならない事があります。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
今回の記事では、必ず最初に設定しておきたい3つの初期設定をお伝えします。

 



 

まずはGoogleアナリティクスのアカウント構造を理解しよう

 

「アカウント構造……(汗)」

そのワードを聞いただけで、なんか面倒臭そうですよね。

しかし、Googleアナリティクスの設定の話をするとき、アカウント構造は避けて通れません。

詳細を理解しようと思うと複雑なので、ここはサクっと説明していきます!

 

3つの階層構造、アカウント/プロパティ/ビューとは?

 

Googleアナリティクスでは、1つのアカウントで――

  • 複数のブログ(サイト)を管理
  • 1つのブログのアナリティクスを複数人で閲覧

ということができます。

 

そういった場合、Googleアナリティクスの「アカウント」「プロパティ」「ビュー」を理解していないと、誤った設定をしてしまいます。

基本的な構造は下図のとおり。

 

Googleアナリティクスのアカウント構造
▲Googleアナリティクスのアカウント構造。

 

実際の画面は下図のような感じです。

 

Googleアナリティクスのアカウント構造
▲Googleアナリティクスのアカウント構造(実際の画面)。

 

アカウント

Googleアナリティクスのアカウントを作成するには、「Googleアカウント」が必要です。

 

GoogleアカウントとはGmailアドレスのことですね。

 

「Googleアカウント」は複数作成して、使い分けたほうが良いと思っています。
記事にしていますので、参考にしてみてください。

 

「アカウント」は、「プロパティ」「ビュー」を管理するための元締めという理解で構いません。

アナリティクスからの通知を受けるかどうか? といった設定は、「アカウント」でおこないます。

 

プロパティ

 

計測するブログ(サイト)を管理する階層です。

 

つまり、1つの「アカウント」があれば、複数のブログを管理できるということですね。
ブログごとに、Googleアナリティクスのアカウントを作る必要はありません。

 

「+プロパティを作成」というアイコンをクリックして、設定していけば新しいブログを登録できます。

 

ビュー

 

Googleアナリティクスのレポートが表示される階層です。

1つのプロパティに複数のビューを設定できます。

 

例えば、「スマートフォンユーザーのみを分析したい」というように解析条件を設定して使います。

分析がしやすいような設定をするときにビューを分けるイメージです。

 

avatar

山根ただし

3つの階層構造を理解したところで、Googleアナリティクスの初期設定をしていきましょう!

 

 

[adchord]

 

 

超重要な3つの初期設定はプロパティ階層で設定

 

今回お伝えする3つの初期設定は、プロパティ階層で設定します。

 

1.「ユーザー属性レポート」と「インタレストカテゴリレポート」の有効化

 

紹介する商品によっては同じブログ内でも、コンテンツ(記事)ごとの男女比や、コンバージョン率(成約率)が違う場合があります。

例えば、女性用化粧品を紹介しているブログを運営しているとします。
それなのに男性ユーザーが多いと、なかなか成約には至りません。

 

そういったとき「ユーザー属性レポート」と「インタレストカテゴリレポート」を設定すれば、ユーザーの最適化ができるようになります。

 

それでは、さっそく設定してみましょう。

設定は簡単です!

 

「ユーザー属性レポート」と「インタレストカテゴリレポート」の設定

 

Googleアナリティクスにアクセスして、左メニューの「歯車マーク」をクリックしてください。
遷移した先のページで、プロパティの列にある「プロパティ設定」をクリックします。

 

プロパティの列にある「プロパティ設定」をクリック
▲プロパティの列にある「プロパティ設定」をクリック。

 

画面が遷移するので、中段にある「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」「オン」にします。

 

「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」を「オン」にする。
▲「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」を「オン」にする。

 

そうすると、左メニュー > ユーザー > ユーザー属性 で進んだ先のレポートで下図のような解析データを蓄積することができます。

ユーザー属性の解析
▲ユーザー属性の解析。

 

これは、ブログに訪問してくれたユーザーの年齢層や男女比を数値化したものです。
この設定をすれば、ユーザーの興味や関心も分析できるようになります。

 

avatar

山根ただし

年齢層や男女比が分析できると、誰に向けて記事を書くべきか? かなりイメージしやすくなりますよね。

 

注意点

設定後、データがGoogleアナリティクスに反映されるまで2~3日かかることがあります。
加えて、この属性データは訪問者全員のデータが取得できるわけでありません。

この点には、注意してくださいね。

 

2.サーチコンソール(Search Console)との連携

 

次はGoogleアナリティクスとサーチコンソール(Search Console)の連携です。

 

オーガニック検索から流入したユーザーがどのようにブログを見てくれるのか分析できるようになります。

 

SEO対策といえば、

  • 自分のブログが検索結果で何位に表示されているか?
  • 検索結果に表示されるタイトルと説明文はどうなっているか?
  • 検索結果から流入しているページはどれか?

ということを考えます。

 

サーチコンソールでは、検索→流入というユーザーの行動がわかります。

 

オーガニック検索から流入したユーザーが、自分のブログをどのように見てくれているのか?

 

これを分析するのは、Googleアナリティクスの役目なんですね。

 

例えば、このブログ「LIFE-changing HACKS!」の場合「lion media」という検索キーワードで流入してくれるユーザーが一定数います。

そういったユーザーが、「lion media」に関する記事の次に、どのようなページに興味を持ってくれているのか? ということを分析します。

 

そういった分析をすることによって、サイト内リンクを最適化したり、増やすべき記事の内容がイメージしやすくなったりします。

ユーザーの動きを統計的に把握することによって、ユーザーが回遊しやすいブログにしていくイメージですね。

 

サーチコンソールとの連携方法

 

それでは連携の方法をお伝えします。

同じく「プロパティ設定」から、「Search Console調整」をクリックします。

「プロパティ設定」から「Search Consoleを調整」をクリック

▲「プロパティ設定」から「Search Consoleを調整」をクリック。

「Search Consoleの設定」という画面になるので、「追加」をクリックします。

 

「Search Consoleの設定」のページで「追加」をクリック
▲「Search Consoleの設定」のページで「追加」をクリック。

 

サーチコンソールのサイトに移動するので、連携したいブログ(サイト)を選択して「保存」をクリックします。

 

連携したいサイトを選択して「保存」
▲連携したいサイトを選択して「保存」。

 

「関連付けの追加」というページが表示されるので、「OK」をクリック。

 

「関連付けの追加」というページで「OK」をクリック
「▲関連付けの追加」というページで「OK」をクリック。

 

これで、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携は完了です。

 

無事に連携できている場合は、「Search Consoleの設定」ページに、連携したブログのURLが表示されます。

 

連携完了するとブログのURLが表示される
▲連携完了するとブログのURLが表示される。

 

連携すると、左メニュー > 集客 > Search Console から、

  • 流入ページ(ランディングページ)ごとの分析
  • 検索クエリごとの分析
  • 検索デバイスごとの分析

が分析できるようになります。

 

アナリティクスとサーチコンソールを連携した分析
▲アナリティクスとサーチコンソールを連携した分析。

 

※一部の情報を隠しております……。ご了承ください。

 

avatar

山根ただし

それでは最後の設定です。マネタイズするうえで一番重要な設定となります!

 

3.アドセンス(AdSence)との連携

 

広告を掲載して収益を得ることができるアドセンス(AdSence)。

アナリティクスとアドセンスもデフォルトでは連携していません。

 

この2つを連携することで、どのページで収益が上がったか? など分析できるようになるので、必ず設定しておきましょう!

 

アドセンスとの連携方法

 

「プロパティ設定」から「AdSenseのリンク設定」をクリックします。

 

「プロパティ設定」から「AdSenseのリンク設定」をクリック
▲「プロパティ設定」から「AdSenseのリンク設定」をクリック。

 

AdSenseリンク設定のページに移るので、「+新しいADSENSEリンク」をクリック。

 

「+新しいADSENSEリンク」をクリック
▲「+新しいADSENSEリンク」をクリック。

 

「①AdSenceプロパティの選択」で、AdSenceアカウントを選択。

「コンテンツ向けAdSense」にチェックを入れます。

 

「AdSenceプロパティの選択」での設定
▲「①AdSenceプロパティの選択」での設定。

 

設定したら「続行」をクリック。

「②リンクの設定」「0個のビューが選択済み」と書かれたメニューがあります。

そこをクリックして「すべてのウェブサイトのデータ」にチェック。

 

②リンクの設定
▲②リンクの設定。

 

選択したら「リンクの有効化」をクリックします。

「完了」をクリックして、アナリティクスとアドセンスの連携は完了です。

こちらも設定が反映されるまで、24時間ほどかかります。

 

アナリティクスとアドセンスの連携は完了
▲アナリティクスとアドセンスの連携は完了。

 

設定が完了すると、下図のようにAdSenceアカウントが表示されます。

 

連携したAdSenceアカウントが表示
▲連携したAdSenceアカウントが表示される。

 

AdSenceの管理画面からも確認しておこう

 

アナリティクスと連携されたかどうか、念のためAdSenceの管理画面からも確認しておきましょう。

 

AdSenceの管理画面にアクセス > 左メニュー「設定」 > アクセスと認証 > Googleアナリティクスとの結合

というように進んでください。

 

下図のように設定したアカウントと、右上に「リンクを解除」が表示されていればOKです。

 

AdSenceの管理画面
▲AdSenceの管理画面から確認。

 

AdSenceの分析

 

連携すると下図のような感じで、ページごとの収益パフォーマンスを確認できます。

 

アナリティクスとアドセンスを連携した分析
▲アナリティクスとアドセンスを連携した分析。

 

このレポートは、アナリティクスの行動 > サイトコンテンツ > ランディングページのレポートを表示させ、下図の「AdSence」をクリックすると表示されるのでぜひ見てみましょう。

 

AdSenceレポートの見方
▲AdSenceレポートの見方

 

アナリティクスの機能であるセグメントやセカンダリディメンションを利用して深掘りすると――

  • 広告をクリックしたユーザーは、パソンコンかスマホか?
  • 広告をクリックしたユーザーは、オーガニック検索経由? それともSNS経由?
  • 広告をクリックしたユーザーが住んでいる地域は?

といったこともわかります。

 

[adchord]

まとめ

 

今回の記事では、Googleアナリティクスを利用するなら、必ず設定しておきたい3つの初期設定をお伝えしました。

 

avatar

山根ただし

どんな人がサイトを見て、広告をクリックしているんだろう?
アナリティクスを利用することで、こんな疑問が解消できます。
ユーザーが見えるということは、広告クリックの再現が可能になるということ。
しっかりと分析して、広告をクリックしてもらうためのゴールデンルートを確立しましょう!

 

 

  • データは蓄積が大事。すぐに利用しなくとも、とりあえず設定は済ませておこう
  • 3つの初期設定を分析して、記事制作に生かそう
  • サイトを収益化するための土台を作ろう

 

Googleアナリティクスで分析して、コンバージョンが取れるサイトに改善!
【Googleアナリティクス】ブログの改善につなげる分析方法ーまとめ一覧
広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG