【データミックス(DataMix)の評判】説明会に参加してわかったデータサイエンスが注目されている理由

【データミックス(DataMix)の評判】説明会に参加してわかったデータサイエンスが注目されている理由



 

こんにちは。分析おたすけマンこと、山根です(Twitterはこちらから)。

 

これからの時代に必要なスキルとして、圧倒的におすすめなのはデータサイエンスです。
そこで、データサイエンスを専門的に学べるDataMix(データミックス)というスクールの無料説明会に足を運んできました。

 

データサイエンスを扱ってデータを分析し、事業マネジメントに活用する職種をデータサイエンティストと言います。

データサイエンティストって何? という方は、まずこちらの記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

【注目の職業】データサイエンティストになるには?これから来るAI時代に知りたい最新事情

 

僕自身、データサイエンスを学び始めたところでして、色々なスクールを比較検討しました。

この記事では、

  • データミックスの評判
  • 他スクールと比較しての判断基準
  • 未経験・知識なしでの受講も可能か
  • データミックスだけじゃない! その他のおすすめスクール

という点にポイントを絞ってお伝えしていきます。

 

山根ただし
少しでも興味を持てたら、データミックスの無料説明会に参加することをオススメします。
データ活用の重要性や、なぜ日本ではIT人材が育たないのか? ということがわかります。

 

 

データミックスの説明会に行ってきた

データミックスのロゴ

 

データサイエンティストを育成する「データミックス」の無料説明会。

「データサイエンスって何?」という方が参加すると、網羅的な知識を収集できるので非常におすすめです。

 

説明会では、

  • データサイエンスを取り巻く環境
  • データサイエンティストに必要な知識・スキル
  • スクールのカリキュラム
  • 受講開始までの流れ

ということがわかります。

 

週に2~3回ほど開催されていて、所要時間は約90分。
僕が参加した説明会は、15名ほどの参加者でした。

 

年齢層は幅広く20代後半から40代後半までという感じで、女性の参加者も数名いらっしゃいました。

スタッフの方も親切に接してくれ、アットホームで質問もしやすかったです。

 

ただし、データミックスの場所が東京都千代田区神田神保町(最寄駅は水道橋か神保町)となるので、遠方の方は足を運ぶのが大変かもしれません。

 

 

 

 

データミックスとは?

データミックスの公式サイト
▲データミックスの公式サイト

 

まずはデータミックスというスクールについてお伝えします。

基本的なスクール紹介については、公式サイトを見たほうが早いと思うので、そちらでご確認ください。
とくに「データサイエンティスト育成コース」のカリキュラムを見てもらえると、必要な知識やスキルが一発でわかります。

あわせて読みたい

データミックスの公式サイト

 

 

公式サイトと合わせて、抑えておきたいポイントを挙げておきます。

  • 「データサイエンティスト育成コース」という専門的なカリキュラムを用意している
  • 就職・転職支援といったキャリアサポートに力を入れている
  • 専門実践教育訓練給付金が利用できる
  • 入学するためには試験に合格する必要がある

 

山根ただし
上記で挙げたポイントを詳しく説明していきますね。

 

データサイエンティスト育成コースという専門的なカリキュラム

 

カリキュラムの内容は、データミックスの公式サイトに詳しいので割愛しますが、検討するために知りたいのは、どういう人が通えば成果を出せるのか? ということですよね。

 

一口にデータサイエンティストと言っても、いくつかの役割分担があります。

  1. 事業にデータ活用を取り入れていきたい経営者・ビジネスリーダー
  2. データ活用が求められているビジネスパーソン
  3. データサイエンスの知識やスキルを取り入れていきたいエンジニアやプログラマー

 

主要なプレイヤーは上記3パターンです。

結論から言うと、データミックスは上記①②の方におすすめのスクール

 

③のエンジニアやプログラマーといったような技術者は、プログラミングスクールで実践演習をしたほうがいいと思います。

技術者向けのスクールも紹介しておきますので、興味があればWebサイトを見てみましょう。

 

キャリアサポートに力を入れている

 

データミックスの最大の特色として、就職や転職へのキャリアサポートがあります。

 

スクールを運営している株式会社データミックスは、データ分析の支援やコンサルティングをしている会社。

大手企業やベンチャーとつながりがあるため、幅広い業界からの求人があるようです。
企業側の体制や要望に応じて求人を紹介してくれるので、未経験からの就職・転職も可能となっているそう。

 

データミックスに寄せられる求人の例を挙げておきます。

●大手ポイントカード会社
各種データの分析・集計業務とビッグデータを活用したダイレクトとマスの連動、デジタルとリアルの掛け合わせ、リアル店舗などのアセットを活用した企画など。

 

●AIソリューションサービスベンチャー企業
クライアントへのヒアリング とパイロット分析の実施とレポーティング 。データエンジニアリング基盤の構築・運用 と予測や識別、画像解析等のモデル開発 。ソフトウェアエンジニアと共同してサービスへの組み込み。

 

こういった求人案件を見ると、データサイエンティストに求められる仕事の内容を何となくわかってもらえるかなと思います。

 

データミックスでは、授業を通して課題やプロジェクトに取り組みます。
授業で取り組んだことを「作品」として、求人企業側に提示することが可能です。

スキルを具体的に示すことで、企業側にわかりやすくアピールすることができ、データサイエンティストとしてのキャリアスタートにも有利です。

 

専門実践教育訓練給付金が利用できる

 

データミックスの受講料は決して安くはありません。

「データサイエンティスト育成コース」の場合、本講座と準備ステップが用意されていて、受講料は下記のようになっています。

ステップ 受講料(税抜表示)
ブートキャンプ 150,000円
ベーシック 175,000円
アドバンス 175,000円
インテグレーション 175,000円

コースはレベル分けがされていて、ブートキャンプ→ベーシック→アドバンス→インテグレーションというようにステップアップしていきます。

最初はブートキャンプ、修了したらベーシックに申し込むというように、ステップごとに申し込む受講の進め方も可能。

一括申し込みの場合は、入学金25,000円が免除されるという特典があります(入学金は一人1回のみ)。

ステップ 受講料(税抜表示)
全ステップ一括 675,000円

受講料の総額は、ステップごとの申し込みと同じです。

 

本講座とは別に、まったく初めてという方には準備ステップも用意されています。
こちらも初めての受講の場合、入学金25,000円がかかります。
※ただし、e-learningについては入学金はかかりません。

講座 受講料(税抜表示)
プログラミング基礎講座 60,000円
SQL 40,000円
【e-learning】SQL 10,000円
ビジネスデータ分析入門 80,000円

 

「けっこう高いな……」と思った方、データミックスのカリキュラムは厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の対象講座となっているので、ぜひ検討してみましょう。

 

教育訓練給付金の受給資格ですが、

  • 雇用保険加入2年以上
  • 受講料の支払いが個人負担であること
  • 訓練対応キャリアコンサルタントによるコンサルティングを受ける必要がある

といった条件があり、最大で約51万円の給付金を受けることが可能です。

まずは、自分の住所を管轄するハローワークに一度相談してみるといいですね。

教育訓練給付金の申請手続きは、データミックスの受講開始1カ月前までに実施する必要があるため、その点も注意が必要です。

 

仕事をしながらでも通いやすい

 

本講座の場合、修了まで週1回・半年ほどの通学となります。
授業は、仕事をしながらでも無理なく通える時間帯に開講されています。

仕事の都合を見ながら、次の期は授業を取らないで1回休むなど、自分のタイミングで受講時期を検討してもいいと思います。

 

入学するためには試験に合格する必要がある

 

データミックスで学ぶためには、入学試験に合格する必要があります。

受講するためには、ある程度の基礎知識は必要ということですね。

 

入学試験の受験科目は、

  • プログラミング(Python)
  • 数学(高校レベル)

の2科目で、オンラインでの受験です。

 

入試対策のeラーニング講座も用意されていますが、独学でも合格できないことはないと思います。

参考までに、下記が入試対策講座の受講料です。
eラーニングは入学金がかかりません。

講座 受講料(税抜表示)
【e-learning 】入試対策講座(Python) 5,000円
【e-learning 】入試対策講座(数学) 5,000円

 

 

データミックスの評判は?

 

インターネットやSNSで評判や口コミを探してみました。

口コミ

卒業後のフォローアップ体制があり、卒業生とネットワークを持てるのは有益。


データサイエンティストのスクールは現在非常に少なく、その中ではカリキュラムもサポート体制も充実している。


最近はネットや本で安価に学べるから、受講料は高く感じる……。でも未経験から学ぶんら妥当なのかも。


 

データミックスは新しいスクールなので、口コミはそれほど多くはありません。
公式ブログが用意されているので、スクールの雰囲気はブログで確認すると良いかもしれません。

 

データミックス公式ブログ:
https://datamix.co.jp/blog/

 

スクールスタッフに話を聞くと、

  • 文系出身の受講生もたくさんいる
  • プログラミング未経験の方は、復習の時間をしっかり取ることができれば十分についていける

と言っていました。

 

データサイエンスは、専門的な知識とスキルが必要ですから、それなりに大変です。
だからこそ、世の中で人材価値を生んでいるとも言えるので、チャレンジするメリットは大きいです。

 

データサイエンスの事前学習におすすめの教材

 

スクールで学び始めるのにも、ある程度の知識が必要だということがわかりました。

 

そこでデータサイエンスの事前学習として、オススメなのは下記のとおり。

Udemyのキャンペーンを利用すれば、2,400円とかなり安く受講でます。
グロービス学び放題は、10日間の無料トライアルを利用すれば実質0円で知識を得られます。

 

その他に、データサイエンスに必要な知識を収集するなら、下記に紹介する本もオススメです。

 

 

created by Rinker
¥1,728 (2019/07/18 02:50:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

プログラミングは本を読むよりも、実際に手を動かしたほうが習得は早いはずです。

 

まとめ:データサイエンスはキャリアアップにつながるスキル

データサイエンスのイメージ画像

 

ご存知のとおり、かつて「ものづくり」で経済大国であった日本は、今やアメリカや中国に大きく差をつけられています。
原因は明白で、日本は先端ITへの投資や人材育成をしてこなかったから。

 

人口知能(AI)、機械学習、ICTといった技術は、これから様々な分野のインフラになり、生活の基盤を支えることになります。

 

それはつまり、産業構造自体が大きく変わるので、雇用や働き方にも大変革が訪れるということ。

 

  • Amazonは、コンビニの無人化店舗を実験中。販売スタッフはいらなくなるかも。
  • メガバンクは「フィンテック(FinTech)」を活用することで従業員数を減らし、固定費をカットすることで収益性を高めようとしている。
  • 人手不足による会社の倒産件数は前年比44%増。HRテックが救世主になるかも。

上記は、AIやディープラーニングといったデータサイエンスのスキルを活用した事例です。

他にも挙げればキリがないのですが、データサイエンスは教育やヘルスケア、製造業などさまざまな分野で活かされています。
数年後には、データサイエンスは世の中のあらゆるビジネスで、切り離せないスキルとなるでしょう。

 

データサイエンティストには専門資格といったものがありません。

実力を示すには、

  • 【ハードモード】独学をしながら仕事実績を積む
  • 【イージモード】自己投資費用はかかるが、スクールに通い学習経験を積む

この2択かなと思います。

 

 

 

山根ただし
まずはデータミックスの無料説明会に参加して、データサイエンスについて情報収集してみましょう。

 

 


 

よく一緒に読まれている記事

【データミックス(DataMix)の評判】説明会に参加してわかったデータサイエンスが注目されている理由
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG