革命のファンファーレが15万部? まだ読んでない人が多すぎる件

西野亮廣『革命のファンファーレ』が15万部!インターネットビジネスの入門書

 

西野亮廣さんの『革命のファンファーレ~現代のお金と広告~』が15万部を突破したそうです。

 

 

ご本人のブログで発表されたのが今年(2018年)の2月なので、さらに増刷がかかっているかもしれません。

→ 【15万部突破!】『革命のファンファーレ』 西野亮廣ブログ

 

ライフチェンジング・ハックにつながる本をご紹介。

今回は、西野亮廣さんの『革命のファンファーレ~現代のお金と広告~』です。

 

本の中から「ライフチェンジング・ハック」に役立つ言葉・考え方を探してお伝えします。

ピンとくるものがあれば、ぜひご自身の生活に取り入れてください。

 

山根ただし
サイトに訪問いただきありがとうございます。
分析おたすけマンこと、山根(@Hackagogo)です。
1冊1,000円ちょっとの本でライフチェンジできるのですから安いものです! 本はコスパがもっとも良い投資といえますね。

 



 

革命のファンファーレってどんな本?

 

この『革命のファンファーレ』は、フライヤー、グロービス経営大学院、Forbes JAPANの3社が主催する「ビジネス書グランプリ2018」でグランプリを受賞。

「ビジネス書グランプリ2018」総合グランプリは 西野亮廣著『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』
▲ビジネス書グランプリ2018

 

西野さんといえば、お笑いコンビ「キングコング」の一人で、芸人の印象が強い方が多いと思います。
ビジネス書グランプリを受賞したということで、自他ともに認める実業家となった感がありますね。

 

しかも絵本作家であり、8,600人いるオンラインサロンのオーナーでありと、非常にパラレルワーカーな方

 

この本の最初の章では、絵本としては異例の大ヒットとなった『えんとつ町のプペル』の戦略について紹介されています。

絵本『えんとつ町のプペル』はマグレ当たりでも何でもなく、連日会議を繰り返し「ここまで準備したらヒットするしかない」というレベルまで追い込んで、確実に当てにいった。

-本書からの引用-

 

この『えんとつ町のプペル』は、西野さんが一人で作ったわけではなく、分業制で進めたそう。

 

まず制作費用を集める段階から周りを巻き込んでいます。
資金はクラウンドファンディングで集めたんですね。

 

クラウドファンディングとは?

インターネットを利用して不特定多数の個人から資金を調達する方法。
大小さまざまなクラウドファンディングサービスがあり、主に5つの種類があります。

 

そして『えんとつ町のプペル』は制作もクラウドソージング(外注)でした。

 

クラウドソージングとは?

インターネット上で公開、募集されている仕事(案件)を探し、契約するサービスです。
コンサルやライター、イラストを描く仕事などさまざまな案件があります。
代表的なクラウドソージングサービスには、クワウドワークスランサーズなどがあります。

 

『えんとつ町のプペル』は、作る過程を公開しました。

 

そして、周りを巻き込むことで情報がシェアされ、拡散される。

 

そこに一つのストーリーが生まれます。

 

ストーリーはさらに共感を生むので、倍々ゲームのように人を巻き込んでいく戦略です。

 

組織の統率者、マーケッター、アーティストとして、すべての能力が秀でている。

西野さんから学べることは多いです。

 

 

革命のファンファーレを手にとった理由

 

僕は会社員で、会社ではWebマーケティングを担当しています。

もう10年。

そこそこの経験をしてきたと思っています。

 

次の野望として、Webマーケティングの知識を生かして、事業を立ち上げる。

 

そしてパラレルワークにしたいと考えています。

 

会社員と事業家の二本柱で攻めたいんですね。

 

パラレルワークにこだわる理由として――

  • 会社に依存しないで収益を得たい(リスク分散)
  • 定年後も働きながら、面白いことをしたい

ということ。

 

しかし、それを実現していくためには、会社員として個人として、複数のタスクを同時にこなしていかなければなりません。

 

体力的にも時間の制約的にも、かなりたいへん。

 

西野さんは同時進行でいくつものプロジェクトに関わっています。

 

その行動力と思考の源を知りたいと思い、本書を手に取りました。

 

本の中にこんな一節がありました。

1日100時間働く
私事だが、ウォルト・ディズニーを倒そうと思っている。
(一部略)
彼を追い抜くには、1日30時間、40時間、80時間、100時間……もっともっと多くの時間が必要なわけだが、残念ながら、僕の1日は24時間だ。

-本書からの引用-

 

『革命のファンファーレ』では、西野さんが『えんとつ町のプペル』を仕掛けるとき、1日=24時間をどのように増やしたか? ということが書いてあります。

この「ウォルト・ディズニーを倒そうと思っている」という発言については、アメトーークで東野幸治さんが西野さん本人をおもいっきりいじっていましたが(笑)

 

 

 

革命のファンファーレのおすすめポイント

 

前述したとおり、僕の目下の関心事は人生100年時代に向けたライフシフトです。

 

僕だけではなく、世の中の多くの人たちの関心と言ってもいいかも。

 

『革命のファンファーレ』にも、100年時代に触れた一節がありました。

ただ、泣いても笑っても、僕らの寿命は延びたわけだ。
(一部略)
100年時代の僕たちが幸せに行くていく為にやらなければならないことは、「アンチエイジング」を推奨することではない。歳を重ねることを、「衰え」ではなく成長にすることだ。その答えを探すことだ。

-本書からの引用-

 

この文章に出会えただけで、この本を買ってよかったと思いましたね。

 

本書では100年時代に向けた戦略がさらに詳しく書いてあります。

 

ぜひ手に取って読むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

堀江さんと西野さんの共著が10月に発売!

 

と、この記事を書いているときにビッグニュースが飛び込んできました!

なんと堀江貴文さんと西野亮廣さんの共著が2018年10月に発売されることが決定!

 

 

間違いなく注目を集める本となるでしょう。

 

 

まとめ

 

この本はこんな人におすすめ!

  • なにか行動を起こしたいが迷っている
  • 西野亮廣という人物に興味がない
  • 人生100年時代を真剣に考えたことがない

 

LIFE-changing指標:★★☆☆☆

LIFE-changing指標とは、本が思考や生活に影響を及ぼすであろう指標(独自分析です)。

 

人間は進化する生物だということを前提とするなら、間違いなく優秀なのは若い世代。
それはいつの時代だってそうで、優秀なのは若い世代なのです。

 

変化の大きい時代なので、年の功はもはや枯れた葉っぱのように脆いです。

人生100年時代を楽しく生きるために、まずは『革命のファンファーレ』を読んでみましょう!

 

 

\ その他のライフチェンジハックな本はこちらから♪ /
→ おすすめ本 一覧へ
 



革命のファンファーレが15万部? まだ読んでない人が多すぎる件
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG