Googleアナリティクスのデータ保持期間とは?GDPRの影響を受けるとは?

少し前からGoogleアナリティクスにアクセスすると

先日導入された新しいデータ保持の設定により、2018年5月25日からのデータが影響を受ける可能性があります。設定をご確認のうえ、必要な変更を加えてください。

という表示が出ていると思います。

 

これって一体何の警告なの? とびっくりした方も多いはず。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
今回の記事では、GDPR(EU一般データ保護規則)とGoogleアナリティクスの設定方法についてお伝えします!

 

 



 

 

Googleアナリティクスのデータが影響を受けるってどういうこと?

 

「2018年5月25日からのデータが影響を受ける」という警告とあわせて、Googleアカウントにもメールが届いていると思います。

 

内容は、[Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)という件名のメールです。

 

英語だし、突然わけのわからないメールが来たと思う人がほとんどでしょう。

 

実はこれ、ヨーロッパ諸国で施行されたGDPR(EU一般データ保護規則)という法律に対応してね、というお知らせなんです。

 

詳しく解説していきます。

 

 

[adchord]

 

 

GDPRって何?

 

GDPRとは、General Data Protection Regulationの略称。

日本では「EU一般データ保護規則」と呼ばれています。

 

日本における「個人情報保護法」のEU版と考えるとわかりやすいかと思います。

 

欧州経済領域(おうしゅうけいざいりょういき、European Economic Area、略称:EEA)に加盟している各国のデータ保護法を廃止し、GDPRの強化が図られます。

下図の青と緑に塗られた国々がEEAの加盟国です。

欧州経済領域
▲EEAの加盟国。

 

 

ヨーロッパの法律が日本人に関係あるの?

 

このGDRPですが、EEA内で取得したデータをEEA外に持ち出すときに必要とされる法律です。

そのデータには、オンライン識別子とよばれるIPアドレスやCookie(クッキー)も含まれます。

 

avatar

山根ただし

GoogleアナリティクスはCookieを利用してアクセス解析をしていますから、アナリティクスユーザーに今回のお知らせが届いたんですね。

 

[adchord]

 

 

GDPR対策は何をする必要があるのか考えてみよう

 

Googleアナリティクスからのお知らせを簡単に説明すると、「2018年5月25日から施行されるGDPRに備えるためのアップデートをしました」という内容。

それに伴い、設定を確認して必要に応じて変更してほしいそうです。

 

GDPRに備えるためのアップデート
▲Googleアナリティクスからのお知らせ。

 

それに従って、まずは設定を確認してみましょう。

 

Googleアナリティクスの設定を確認する方法

 

それでは設定方法を見てみましょう。

アナリティクスにログイン

左メニューの歯車マークをクリック

 

プロパティ「トラッキング情報」にある「データ保持」をクリックします。

トラッキング情報にあるデータ保持
▲プロパティ「トラッキング情報」にある「データ保持」をクリック。

 

ユーザーデータとイベントデータの保持という画面に移ります。

 

ユーザーデータとイベントデータの保持という画面
▲「ユーザーデータとイベントデータの保持」の画面

 

まず1つ目の変更点。

「ユーザーデータとイベントデータの保持期間」を下記の内容から選べるようになりました。

・14か月
・26か月
・38か月
・50か月
・自動的に期限切れにならない

5つの選択肢があります。

もう1つは「新しいアクティビティをリセット」をオンまたはオフから選べるようになりました。

 

「ユーザーデータとイベントデータの保持期間」のベストな設定は?


デフォルトでは、「ユーザーデータとイベントデータの保持」は26か月。

「新しいアクティビティをリセット」はオン

となっています。

avatar

山根ただし

設定を確認したら、次に自分の必要な設定をしてみましょう。
企業の担当者の場合は、会社の「プライバシーポリシー」に従いましょう。

 

保持期間の設定

保持期間は、Cookie、ユーザーの識別子(ユーザー IDやクライアントID)、広告IDに関連付けられたユーザー単位やイベント単位のデータに適用されます。
※イベントとは、サイト内のどこをクリックしたかわかる「イベントトラッキング」のことです。

Googleアナリティクスの機能のひとつである「ユーザーエクスプローラ」は、ユーザーの一人ひとりに「クライアントID」が割り振られ、「何月何日の何時何分にサイト内のどのページを見たか?」を「どの広告をクリックしてサイトに訪問をしたか?」がわかります。

このような高度な解析をしていないのであれば、保持期間はデフォルトのまま「26か月」でいいと思います。

ちなみに「ページビュー数」「セッション数」を見るといったような基本的なGoogleアナリティクスの集計レポートには影響はありません。

 

「新しいアクティビティをリセット」の設定

まず最初に知っておきたいことは、Googleアナリティクスのもともとの仕様です。

 

Googleアナリティクスの仕様では、最終訪問から「24ヶ月以上」経過したサイト訪問者は、たとえ過去にそのサイトに訪問したことがあったとしても「新規」としてあつかわれます。

 

そのことを踏まえたうえで、「新しいアクティビティをリセット」の設定を考えてみましょう。

 

新しいアクティビティをリセットを「オン」にすると――

たとえば、データの保持期間を14か月に設定したとします。
毎月サイトに訪問してくれるようなサイト訪問者の識別子は毎月更新され、14か月の保持期間に達してもデータが削除されることはありません。

そのユーザーがサイトに訪問しなくなった場合、保持期間が経過するとそのユーザーのデータは削除されます。

「新しいアクティビティをリセット」「オフ」にすると――

サイト訪問者の識別子は毎月更新されずに、14か月の保持期間に達したら削除されます。

 

ただ、調べてもわからないことが1つありました。

 

Googleアナリティクスでは、サイト訪問者を「新規」と「リピーター」で分けて解析することが可能です。
ですが、「新しいアクティビティをリセット」を設定すると、この「新規」と「リピーター」のデータにどう影響するのか?

 

これについては今後も引き続き調査したいと思います。

 

[adchord] 

まとめ

 

Cookieを利用すればWebサイトでの行動をGoogleアナリティクスで解析して、そのデータに基づき最善のディスプレイ広告を出す、ということもできます。

 

そういった利用をしているWebサイトやEEAの国々からアクセスを集めているようなWebサイトは、設定をよく考える必要がありそうです。

 

個人ブログとしての利用で、ただアクセス数を見ているだけなのであれば、とくに対応する必要はなさそうです。

 

avatar

山根ただし

僕はデフォルトのまま、保持期間は「26か月」、アクティビティは「オン」にして、様子を見たいと思います。

 

 

  • GDPRの影響範囲を理解する
  • 企業の担当者は会社のプライバシーポリシーに従う
  • GoogleアナリティクスのGDPR対策はデフォルト設定がおすすめ

 

 

\ Googleアナリティクス解析・改善ガイド /

ブログ初心者が勘や経験則に頼らない活用術をお伝えしています!

【Googleアナリティクス】ブログの改善につなげる分析方法ーまとめ一覧

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG