【内部リンク最適化】回遊率を上げてPV数アップ!やり方と分析方法を解説



SEO対策をするとき、よく耳にするのが「内部リンク」の最適化

内部リンクとは、サイト内のWebページとWebページをリンクさせることで「誘導力」を高めようという方法です。
「回遊率」という指標で測る場合もあります。

 

今回の記事では、内部リンクを効果的に活用する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

そして内部リンクの場合、ワードプレスのテーマ選びも重要となってきます。
このブログで利用しているのは「THE THOR(ザ・トール)」というワードプレスのテーマ。

 

「トール」ではどのように内部リンクを最適化できるのか? ということも触れたいと思います。

 この記事のココに注目!

  • 内部リンクとは? 効果的な使い方
  • 内部リンクを最適化するとどんなメリットがある?
  • THE THORユーザー必見の内部リンク対策
  • 内部リンクを改善するための分析方法

 

山根ただし
サイトに訪問いただきありがとうございます。
分析おたすけマンこと、山根(@Hackagogo)です。
内部リンク最適化がPV数アップの近道です!

 

 

 

内部リンクとは?

 

「内部リンク」とはリンクを設置することによって、サイト内の他のページに誘導する仕組みのことです。

 

Webサイトの運営において、この内部リンクは非常に大切。
しっかりと理解しておきたいポイントです。

 

また内部リンクはSEO対策としても効果的なんです。

 

Googleの公式ヘルプには下記のような記述があります。

Google がリンクをたどることができるのは、リンクが、href属性が指定された<a>タグの場合だけです。
Google のクローラは、その他の形式を使用するリンクはたどりません。
hrefタグなど、リンクとして実行されるタグが指定されていない<a>リンクは、Googleはたどることができません(スクリプトのイベントが原因)。
以下に、Google がたどることができるリンクと、たどることができないリンクの例を示します。

たどることができるリンク:

  • <a href=”https://example.com”>
  • <a href=”/relative/path/file”>

たどることができないリンク:

  • <a routerLink=”some/path”>
  • <span href=”https://example.com”>
  • <a onclick=”goto(‘https://example.com’)”>

Googleの公式ヘルプより引用

 

つまり、aタグでしっかりと内部リンクをさせないと、Googleもページの評価ができない(検索順位を上げることができない)ということです。

 

ブラウザの画面を開いて、「右クリック」→「ページのソースを表示」とすると、そのWebページのソースコードを見ることができます。
下図のように誘導先のWebページの内容がわかるテキストをaタグで囲む仕様がベストです。

テキストをaタグで囲む
▲テキストをaタグで囲む

 

ブログカードを自動生成するようなプラグインでは、このような仕様になってない場合があるので注意。
まぁ、細かいことなので気にしすぎないほうがいいのですが。

 

内部リンクを最適化するメリット

 

内部リンクを設置すると、どういったメリットがあるでしょうか?
僕が長らくWebの分析に携わるなかで、成果が出るポイントは2つありました。

 

ページビュー数が増える

 

1回のサイト訪問で、ユーザーが見るページが増えるとページビュー数も増えます。
ページビュー数を増やしたいときは、内部リンクを改善するのが得策です。

内部リンク最適化でページビュー数が増える
▲内部リンク最適化でページビュー数が増える

 

最終的な成果(コンバージョン)が増える

 

1人のユーザーが多くのページを見てくれるということは、商品情報や広告に接触する回数も増えるということ。

 

ユーザーは何度も情報に接触することによって、しだいに興味を持っていくものです。
接触回数が増えると必然的に成果に繋がりやすくなります。

内部リンクを最適化すると最終的な成果(コンバージョン)が増える
▲内部リンクを最適化すると最終的なコンバージョンが増える

 

上記以外にも検索結果の順位が上がるなどSEO対策として効果があります。

内部リンクは被リンクとも言われ、外部リンクと同様に重要な要素です。

  • 記事の内容に合った誘導文言でリンク
  • 関連性が高いページへのリンク

この2点を意識すれば、質の良い被リンクとして評価が上がるはずです。

 

 内部リンクの設置方法

 

内部リンクの設置方法には

  • すぐに実践できること
  • ワードプレスのテーマに依存してしまうこと

この2種類があります。

 

それぞれ紹介していきます。

すぐに実践できること1「記事の中にテキストリンクを設置する」

 

すぐに実践できることとして、最初に挙げたいのが記事中にリンクを設置することです。

記事中にリンクを設置する
▲記事中にリンクを設置する

 

このような感じで、リンク先の内容がわかる文言で設置するのが理想。
「詳しくはこちら」「あわせて読みたい」だけでは読者にとっても検索エンジンのクローラーにとっても親切ではありません。

しっかりと内容を伝える文言にするのがオススメです。

 

ちなみに内部リンクの誘導文言を工夫することで、ページビュー数が劇的に増えたりします。
読者がクリックしたくなる文言を考えてみましょう。

そして先ほども述べましたが、質の良い被リンクとなるように関連性の高いページにリンクさせることが重要です。

 

手あたり次第にリンクを設置させると、逆に検索エンジンの評価を落としてしまう可能性があります。
加えて「興味を持ってリンクをクリックしたけど、まったく関係のない内容だった」と読者の信頼をなくさないように気をつけてください。

 

すぐに実践できること2「カテゴリーや階層を最適化」

 

記事の内容によってカテゴリーを分け、最適化することも大切です。
例えばこの記事の場合、「ブログ」というカテゴリーの記事の1つとなります。

階層化とも言いますが、このようにカテゴリーを最適化すると、読者はサイト構成を直感的に理解できます。
そして検索エンジンのクローラーも巡回しやすくなるんです。

 

ワードプレスの場合、カテゴリ分けをするとページ最上部にあるグローバルメニューにも反映されます。

グローバルメニューの内部リンク
▲グローバルメニューの内部リンク

 

同じく階層は、「パンくずリスト」にも表示されます。

パンくずリストの内部リンク
▲パンくずリストの内部リンク

 

記事が増えるとサイト管理が大変になるので、サイトを立ち上げた早い段階からカテゴリーの最適化は必ず考えておきましょう。

 

すぐに実践できること3「サイトマップページを作る」

 

サイトマップはサイト内のすべてのページに内部リンクさせるページのことです。
記事一覧ページとも呼ばれます。

 

当ブログのサイトマップは、ワードプレスの有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」の機能により自動生成されています。
ですから、一切手をかけていません。

 

当ブログのサイトマップ
▲当ブログのサイトマップ

 

こちらも検索エンジンのクローラー巡回に一役買ってます。
また読者にとっても、存在する記事の一覧があったほうが、どんな内容の記事があるサイトなのか理解しやすいはずです。

 

サイトマップといえば、検索結果にインデックスさせるために必要な「XMLサイトマップ」というものがあります。
同じようにサイトマップと呼ばれますが、役割が違うので注意してください。

XMLサイトマップについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
SEO対策の第1歩はインデックス化から。XMLサイトマップは忘れずに作成しよう!

 

ワードプレスのテーマに依存してしまうこと

 

  • サイドメニューからどういった誘導が取れるか?
  • 記事が終わった後の関連リンクエリアから誘導が取れるか?

など、ワードプレスのテーマに備わっている機能で内部リンクのクリック数が変わってくる場合があります。

 

テーマを導入した後からもHTMLやPHPを直接カスタマイズすることで調整は可能ですが、失敗して画面が真っ白になる恐れがありますし、時間も知識も必要なのでハードルが高いです。

 

ワードプレスのテーマを選ぶ際に、デザイン性で選ぶ人は多いようですが、ぜひ内部リンクの種類や見せ方も考えて選んでほしいと思います。

 

「THE THOR」であれば、多彩な内部リンクが可能

 

このブログで利用している有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」。
トールは内部リンクの設置方法が多彩なテーマです。

 

僕がトールを選んだ理由は、さまざまな機能を使って内部リンクを工夫できるから。

 

トールの特徴については、こちらの記事で解説しているので興味のある方はご覧ください。
個人的にはイチ押しのテーマです。

あわせて読みたい!
THE THOR(ザ・トール)とは?

 

トールの誘導機能を紹介!

 

例えば、ヘッダーの下に設置している「流れるテキスト」。
アクセス解析すると、この部分はけっこうクリックされています。

 

またトールには「着せ替え機能」として、全9種類のデザインスタイルが用意されています。

トールの「着せ替え機能」
▲トールの「着せ替え機能」

 

最初からデザインに合った内部リンクが設定してあり、多彩なデザインを簡単に変更することができるので楽しいです。

公式サイトで全9種類のデモサイトを見ることができるので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

内部リンクの改善は回遊(ページ/セッション)を指標としよう

 

Webの改善をするときは、勘や経験に頼らない改善施策が大事です。
Googleアナリティクスを見ながら内部リンクを改善していきましょう。

 

回遊を表す数値ですが、Googleアナリティクスでは「ページ/セッション」を見ます。
ページ/セッションは、1回のサイト訪問(セッション)で見た平均ページ数のこと。

 

「ページ/セッション」を改善するために、Googleアナリティクスで見て欲しいレポートが2つあるので紹介しますね。

 

まずはサイト全体の回遊を見る

 

Googleアナリティクス > 左メニュー「ユーザー」 > 「概要」を選択。

そうすると下図のようなレポートが表示されます。

サイト全体の回遊
▲サイト全体の回遊

 

次にランディングページごとの回遊率を見る

 

Googleアナリティクス > 左メニュー「行動」 > 「サイトコンテンツ」 > 「ランディングページ」を選択。

下図のようなレポートが表示されるので、赤枠で囲んだ「ページ/セッション」を見ます。

ランディングページごとの回遊
▲ランディングページごとの回遊

 

ランディングページ、つまりサイト訪問したユーザーが一番最初に見たページ。
内部リンクの最適化するなら、ランディングページのページ/セッションを見ながら改善すると効率がいいです。

 

そして直帰率を下げれば、ページ/セッションが上がるという相関関係があります。
まずはこの直帰率を80%前後にできるよう内部リンクを工夫してみてください。

 

 

回遊率(ページ/セッション)の改善ポイント

 

回遊率を改善するためには何をすればいいのか?
改善のポイントをまとめておきます。

 

  1. <a>タグのリンク誘導を設置する
  2. <a>タグのリンク誘導はテキスト文言を工夫する
  3. 設置したページの直帰率80%前後を目指す
  4. ページ/セッションが多いページから順位を上げたいページへ内部リンクで誘導する
  5. 最終的にはサイト全体のページ/セッションをアップさせることを目指す

 

1~5を繰り返すことによって、質の良い内部リンクが張り巡らされたサイトになっていくはずです。
検索からの流入が増え始めたら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 まとめ:検索上位に表示させたい記事は10~15本くらいの内部リンクを意識する

 

ここまで紹介したように「内部リンク」は非常に重要。

SEO対策の観点からお伝えすると、評価を上げたい重要なページに「質」「量」ともに内部リンクを集めるのが得策です。

 

Screaming Frog SEO Spider」というライバルサイトの内部リンクを可視化できるツールがあります。

Screaming Frog SEO Spider
▲Screaming Frog SEO Spider

 

このツールを使って検索1位のWebページを分析してみると、平均10~15本の内部リンクが集まっていることが多いです。
検索上位に表示させたいWebページは、この数を目安に内部リンクを設置できるといいですね。

 

記事を書くときは内部リンクを設置することも考えながら、制作することをおすすめします。

 

またSEO対策には基本となる3つの分類「内部対策」「外部対策」「環境対策」があります。
それらもしっかりと理解したうえで、「内部リンク」について考えましょう。

 

 




最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG