ひょっとしたら残業麻痺かも?頑張ることを長時間労働に見出すのが危険な理由

ひょっとしたら残業麻痺かも?頑張ることを長時間労働に見出すのが危険な理由



2018年6月29日に成立、2019年4月1日から改正法が順次施行となった「働き方改革法案」。

実は何が改正されたのかよくわかっていない!

という方も多いかもしれません。

働き方や会社との関わり方については大きな変化が訪れている時代。
その機会を見逃さないように行動していきたいものです。

 

山根ただし
分析おたすけマンこと、山根(@Hackagogo)です。
当ブログでは、会社員として人生の大半を終えるのではなく、さまざまな働き方を模索するなかで会社を上手く利用しようということをお伝えしています。

 

この記事でわかること!

  • 働き方改革関連法で何が変わるの?
  • 副業時代に見直したい働き方とは?
  • 働き方改革の最大の障壁である長時間労働。なくすためには「楽する」「がんばらない」という考え方が必要。

 

 

働き方改革とは?改正のポイントを解説

 

副業、複業など多様化する働き方が取り上げられるなかで、関心が高まる「働き方改革」。
働き方改革関連法は自分自身の働き方を見直すために理解しておきたい法律です。

まずは簡単に「働き方改革」について理解しておきましょう。

首相官邸のWebサイトでは2016年9月に「働き方改革」についてこのような政策が発表されました。

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

首相官邸のWebサイトより引用

 

70年に一度の大改正と言われる「働き方改革」。
ここまでの大改革は珍しいのだそうです。

働き方改革関連法で改正のポイントとなるのは以下の項目。

  • 残業時間の罰則付き上限規制
  • 年に5日間の有給休暇取得義務化
  • 月60時間以上の時間外労働には、中小企業も割増賃金率を50%以上に
  • 労働時間の適正把握を義務化
  • 高度プロフェッショナル制度の創設
  • フレックスタイム制の清算期間をこれまでの1カ月から最大3カ月に
  • 勤務間インターバル制度の促進
  • パート・派遣・契約社員など雇用形態に関わらず、同一労働・同一賃金の制度化

安倍首相が内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置してから2年半が経ちました。

「働き方改革」という言葉だけが一人歩きしている感はありますが、設置されてからその間、一体どんな変化が起こったか?
分析しながら解説してみたいと思います。

 

副業時代における働き方改革

 

僕の話をすると、40歳を過ぎたあたり(ここ1〜2年)で、会社員としての今の働き方に疑問を持つことも多くなりました。
民間企業で働く人たちの平均給与は下がり続けており、平均的な会社員である僕自身も例外ではありません。

それよりも個人の力だけで稼ぎやすい時代になったことで、僕自身の副業収入が会社員としての年間給与増加額を上回っているという事実があります。
収入を増やすという点では「会社員+副業」という働き方が最強。

しかし、

  • 副業にかける時間の確保が難しい
  • 副業で稼げるようになると会社員としての本業意識が薄れる

など、諸刃の剣であることは確か……。

 

いかに会社員としての負担を減らし副業に時間を割けるのか? ということは、人生を豊かにするうえで考えたいポイントです。

 

あわせて読みたい

 

働き方については「従業員から見た働きがいのある会社」「会社(またはマネイジメント)から見た働きがいのある会社」の両方の視点から考える必要があるかなと思います。

 

 

長時間労働の現状は? 長時間労働の闇から抜け出せるのか?

長時間労働から抜け出すイメージ画像

働き方改革関連法の最大の障壁は、なんといっても「長時間労働」でしょう。
残業の規制が進むけれど、あまり意識の変化が見られないという事実もありそうです。

管理上の残業時間は減る一方で、隠れ残業――

いわゆる

  • ランチタイム残業
  • 仕事を自宅に持ち帰る
  • 休日に仕事をする

のブラックボックス化は一向になくなっていないと言われています。

現場には働き方改革のやらされ感が漂っているという想像は難しくありません。

 

働き方改革による意識の変化

 

Googleトレンドで「働き方改革」の検索ボリュームを調べてみると2016年上半期くらいから上昇傾向です。

「働き方改革」の検索ボリューム
▲「働き方改革」の検索ボリューム

 

Twitterでも働き方に向き合うツイートをよく目にするようになりました。
なかでも「労働時間を減らす」という点については、人それぞれの意見があるようです。

「残業代なしでは生活に支障が出る」
「若い世代にとってはがむしゃらに働く期間が必要なのに、労働時間の上限規制は成長を妨げる」
「有給や育休、時短勤務が悪いと思う上司が未だにいる」

など。

 

働き方改革では長時間労働の是正が大きなポイント

 

「働き方改革」が企業のみならず労働者にも問題意識として認識されるようになったのだろうと思いますが、捉え方や賛否については本当にさまざまですね……。

なかでも日本人の働き方の問題として最も重視されているのが長時間労働の是正です。
「残業ゼロ」「スピード仕事術」などITの進化とともに仕事の効率化を図るという考え方が浸透。
そして、長時間労働に起因するうつ病患者の増加や過労自殺なども問題視されてきたという流れがあります。

 

企業戦士がもてはやされていた時代

企業戦士のイメージ画像

リゲインという栄養ドリンクのCMで使われた「24時間戦えますか?」というフレーズ。
1988年の発売開始時に使われていたキャッチコピーです。

高度経済成長期やバブル期を支えたサラリーマンに向けたCMで、今の時代からすると社畜を推進するイメージしか受けませんね。

この時代というのは、頑張れば頑張っただけ、それに見合う結果(地位や名誉、給与など)がついてきた時代。
いわば重労働に見合う対価があったとも言えます。

僕自身、このCMを見て戦慄を覚えた記憶があり、子どもながらに「大人になったら24時間働かなければいけないのか?!」と勘違いするほど強烈なインパクトがありました。
大人になりたくないと思った子どもは多いかも。

しかし、そんな時代も今は昔。
バブル崩壊後に続いた経済低迷期では、長時間労働=成果ではなくなりました。

 

残業麻痺が根深く残る日本企業

 

それにも関わらず、残業をすると「ストレスを感じているが、幸せ」と感じる層が増加しているという事実があります。

日本企業では活躍している社員が遅くまで残って仕事をする姿を評価してきたことに原因があります。
長く働くことで成果を出してきたという人がいるのは事実であり、残業が多くても成果を出す人が模範モデルとされてしまう。
そうした「残業麻痺」という感覚が自己肯定となり、長時間労働で幸せを感じるという層の増加につながっていると考えます。

 

頑張っても幸せになれるとは限らない

 

しかし空白の20年を経験したロスジェネ世代にとっては「頑張っても幸せになれるとは限らない」という潜在意識もあるように思います。

僕自身も「がんばる」ということは、今の時代においてはネガティブなワードとして捉えています。

過去にも「働き方改革よりも自分改革」「世間の固定観念を疑問と思う」という記事をいくつか書きましたので、そちらも目を通してみてください。

 

あわせて読みたい

 

時代の空気感というのは圧倒的で、その時代に提唱されていることが正解かどうかなんて誰にもわかりません。
「24時間戦う」ことを正解とする時代もあれば、今の時代のように「ワークライフバランス」を重視する時代もあります。

言ってみれば真逆の考え方なのですが、どちらも間違いではないんですよね。

結局のところは、「自分自身(もしくは家族)にとって何がもっとも大切なのか?」を考える必要があり、大切なことは人によって違うということです。

さまざまな意見を自分の中に取り込み、一度咀嚼(そしゃく)してから再び考える。

こうすることが正解に近づくための唯一の方法なのでしょう。

 

外国人から見て日本人の働き方はどうなのか?

 

「固定観念」というポイントから「働き方改革」を考えるなら、おもしろいデータがあります。

一般社団法人日本国際化推進協会(JAPI)が実施した「日本で働くことについての調査」という調査。
アジア、ヨーロッパ、アメリカなど地域を問わず819人の外国人を対象にアンケートをしたというものです。

その結果は「日本に住むことは魅力的だと感じているが、働くことについてはより否定的である」という意見が過半数を占めていました。

外国人労働者が日本企業を敬遠する理由は以下のとおり。

  • 初任給が低い
  • 序列が強い
  • 一体感がある
  • 男性支配
  • 残業が多い
  • 非効率的
  • 職は安定
  • 固い

「序列が強い」「男性支配」「非効率的」というのはまさに日本的ですね……。
日本人の働き方に関する考え方は、国際的に見てもガラパゴス化しているということがわかると思います。

 

 

まとめ:企業側の視点と労働者側の視点ではメリットが異なる働き方改革

 

「働き方改革関連法」によって法制化されるということもあり、すべての企業にとって緊急性が高いのが「働き方改革」です。
影響は大きく範囲も広いため、企業側は対応に手一杯というのが現状でしょう。

一方、労働者側としては、企業の対応が済んでからではないと影響範囲すら把握しにくいというのが実情だと思います。

企業にとってのメリット

  • 人材が会社に定着するかどうかの打ち手になる
  • 人手不足に伴う採用難の打開

労働者にとってのメリット

  • リモートワークなど柔軟な働き方の実現
  • 法令遵守しないブラック企業があぶり出され、その会社への就職・転職を未然に防げる

上記に挙げた事が双方にとって相乗効果となれば、働くことが楽しくなる社会に近づくかなと思います。

 

「働き方改革」を考えるためにおすすめの本

 

最後に、働き方改革を考えるうえで読んでおきたいおすすめの本を紹介しておきます。

 

がんばらない働き方

著者であるピョートル氏が提唱する働き方については、共感することが多いです。「より楽に」「がんばらないほうが上手くいく」という考え方はぜひ知ってほしいと思います。

働き方改革まるわかり

法という観点からまとめられたのが本書。改正後の内容もポイントごとにまとめられています。

働き方の哲学

created by Rinker
¥2,808 (2019/07/18 03:29:15時点 楽天市場調べ-詳細)

なぜ働くか? どう働くか? が図解で理解できる本。働くことを根幹から考えると「働き方改革」について理解が進みます。

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ

会社ってそもそもどんな組織? 意外と理解できていない会社という組織について、池上彰さんがわかりやすく解説。

LIFE SHIFT

created by Rinker
¥990 (2019/07/17 23:08:01時点 Amazon調べ-詳細)

読みやすいマンガ版がおすすめ。人生100年時代の人生戦略については、会社でも学校でも考えてくれません。まずは個人個人がしっかりと人生について考えてみましょう。

 


続いて読みたい

 



ひょっとしたら残業麻痺かも?頑張ることを長時間労働に見出すのが危険な理由
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG