モバイルファーストインデックとは?増えるスマホユーザー、その対応方法

モバイルファーストインデックスとは?増えるスマホユーザー、その対応方法

モバイルファーストインデックスって聞いたことはありますか?

 

ここ数年、スマートフォン(モバイル)でインターネットを利用する人がものすごい勢いで増えています。

 

そういった状況を踏まえ、検索エンジンを提供するGoogleは、スマホユーザーが利用しやすいような仕様に変更しました。

  • 自分のサイトはモバイルファーストインデックスに対応しているの?
  • 検索順位にどう影響があるの?
  • どんなSEO対策をすればいいの?

など気になる点を解説していきます!

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
レスポンシブウェブデザイン、AMP、ページ表示速度など、モバイルユーザーに対応した技術が増えてきました。モバイルのユーザビリティを高める対応はなかなか大変……。
まずは基本的なところをおさえましょう!

 

 



 

 

 

モバイルファーストインデックスとは?

 

Googleは2018年3月27日に、モバイルファーストインデックスを開始したことを発表しました。

 

それまでのGoogle検索では、スマートフォンでもパソコンとほぼ同じ検索結果画面が使われていました。

 

スマホで検索して情報を探しているのだけど、「アクセスしたWebサイトはスマホ対応がされていなくて読みにくい」なんて経験はないでしょうか?

 

ユーザーファーストを命題に掲げるGoogle。

スマホで検索する人が増えているのに、そういった状況はよろしくありません。

 

そこで、スマホユーザーがGoogle検索で情報を見つけやすいように仕様を変更するモバイルファーストインデックスを開始しました。

 

下記はGoogleの公式サイトからの抜粋です。

これまで、Google のクロール、インデックス、ランキング システムでは、主にデスクトップ版のコンテンツが使用されてきました。そのため、その内容がモバイル版と大きく異なる場合、モバイル検索ユーザーに問題が発生する可能性がありました。 モバイル ファースト インデックスとは、モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、主にモバイル ユーザーが探しているものを見つけやすくすることを意味します。
~Google ウェブマスター向け公式ブログより~

 

パソコンからの主役交代

 

インターネットのスマートフォンユーザーがどのくらい増えているのか?

まずは総務省の統計を見てみましょう。

 

インターネット利用デバイスの状況
▲インターネット利用デバイスの状況。出典:総務省 通信利用動向調査

 

年々、スマートフォンでインターネットを利用するユーザーは増え続けています。

 

2016年にはパソコンに追いつき、2017年以降はさらに増えています。

ちなみにパソコンは横ばいです。

 

この統計からも、スマホでのインターネット利用は今後も増えることはあっても、大きく減ることはないと予測できます。

 

スマホユーザーの特徴

 

同じブログでも、パソコンとスマートフォンでは見え方や使い方が異なってきます。

相違点はざっくり分けて3つです。

パソコンとスマートフォンの相違点

  • スマホはパソコンに比べて画面が小さい
  • 利用されるシチュエーションが違う
  • スマホは指先でタップするので、操作性が求められる

 

スマホはパソコンに比べて画面が小さい

 

画面が小さいので、スマホは小さい文字だと読みにくいんですよね。

下図は、年代別に見たスマートフォンの利用率です。

インターネットをスマートフォンで利用する割合
▲インターネットをスマートフォンで利用する割合/年代別出典:総務省 通信利用動向調査

 

老眼が進行する40代以降は、スマホの利用率が下がってきます。

 

下図はパソコンの利用率。

 

インターネットをパソコンで利用する割合
▲インターネットをパソコンで利用する割合/年代別出典:総務省 通信利用動向調査

 

こちらは年ごとの推移が安定しています。

 

以前、Twitter上で実施したアンケート結果でも、フォントサイズは大きいほうがいいという意見が上回りました。

 

 

 

パソコンとスーマトフォンでは利用されるシチュエーションが違う

 

スマートフォンユーザーの場合、「テレビを見ながら」「移動しながら」といったように、「ながら見」の傾向が強いです。

 

ということはスマホの場合、情報量の多さ、充実度よりも、見やすさや使いやすさが重要になってきます。

 

しかし、このブログ「LIFE-changing HACKS!」のようなノウハウ情報だと、パソコンで作業しながら見る場合が考えられます。

 

実際、このブログのデバイス別割合は、パソコンが49.71%、モバイルが48.57%と、パソコンユーザーのほうが多いです。

逆に、雑記系やトレンド系のブログはスマホユーザーが多くなる傾向があります。

 

情報量や充実度を優先させるか

見やすさを優先させるか

 

ブログの内容によって異なってきます。

 

スマホは指先でタップするので、操作性が求められる

 

スマホの場合、指先のタップ操作をする場合がほとんどです。

例えば、ボタン同士が近すぎると、正確にタップできません。

ボタンを指先でも押しやすい大きさにする必要がありますし、適度な余白も必要です。

 

このようなデザインについての情報は、アップルの開発者向けサイトが参考になります。
ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

ユーザインターフェイスのデザインのヒント – Apple Develope

 

アップル社の「ユーザインターフェイスのデザインのヒント」
▲アップル社の「ユーザインターフェイスのデザインのヒント」

 

avatar

山根ただし

スマホのユーザービリティを考えていくうえで、便利なツールがいくつかあるので紹介します!

 

 

[adchord]

 

 

モバイルフレンドリーテスト

 

モバイルフレンドリーテストは、Googleが無料で公開しているツールです。
このツールを使うと、サイトがスマートフォンでの閲覧に最適化しているかわかります。

 

モバイルフレンドリーテストの使い方

 

モバイルフレンドリーテストはこちらのURLにアクセスしてください。
https://search.google.com/test/mobile-friendly

URLを入力して、「テストを実行」をクリックすると分析が始まります。

 

Googleのモバイルフレンドリーテスト
▲Googleのモバイルフレンドリーテスト。

 

自分のサイトがモバイルフレンドリーであれば、下図のような画面が表示されます。

 

モバイルフレンドリーである場合の表示
▲モバイルフレンドリーである場合の表示。

 

逆に、モバイルフレンドリーでない場合は、下図のような画面が表示されます。

 

モバイルフレンドリーでない場合の表示
▲モバイルフレンドリーではない場合の表示。
 

スマホのユーザビリティに関するエラー

 

エラーとなってしまった場合、その原因が表示されます。
エラーの項目は以下のとおり。

  • Flash が使用されている
  • ビューポートが設定されていない。ようするに画面サイズがデバイス(端末)に最適化していないということ
  • コンテンツが設定したビューポートに対応していない
  • フォントサイズが小さい
  • タップ要素同士が近すぎる

 

WordPressでサイトを作っている方は、最近のテーマであればほとんどがモバイルフレンドリーとなっているので基本的には問題ないでしょう。

 

それでもモバイルフレンドリーではないWebサイトは、まだまだ世の中に溢れているのが現状です。

 

 

[adchord]

 

 

ページスピードインサイト

 

2018年7月9日にGoogleはスピードアップデートを導入しました。

ページ速度がモバイル検索の検索順位を決める要素となったんですね。

詳細はウェブマスターセントラルブログでご覧ください。

 

これからは、自分のWebサイトの表示スピードにも気を配らなければいけません。

 

表示スピードは、PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)というツールで調べることができます。

こちらもGoogleが無料で公開しているツールです。

 

ページスピードインサイトの使い方

ページスピードインサイトはこちらのURLにアクセスしてください。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

URLを入力して、「テストを実行」をクリックすると分析が始まります。
とても簡単です。

Googleのページスピードインサイト
▲Googleのページスピードインサイト。

 

モバイルとパソコン、それぞれの分析結果が表示されます。

 

モバイルのスピード診断結果
▲モバイルのスピード診断結果。

 

パソコンのスピード診断結果
▲パソコンのスピード診断結果。

 

ページスピードインサイトで速度を改善

 

分析をすると、「ページの速度」と「ページの最適化」という2つの評価が表示されます。

ページの速度

こちらの分析結果で確認できる指標はFirst Contentful Paint(速い)と DOMContentLoaded(遅い)の2つ。

 

ということらしいのですが、現状ではほとんどのサイトでUnavailable(測定不能)となってしまっています。

英語だと表示されるサイトもあるようなのですが……。

 

うまく機能していないようですね。
今後の改善を期待したいです。

 

表示速度が遅いデメリット

 

ページの表示速度が遅いと、ページが表示される前に離脱されてしまう可能性があります。
せっかく興味をもってサイトにアクセスしてもらったのに、これでは機会損失ですよね。

表示速度が1秒から3秒に落ちると直帰率は32%落ちると言われています。
amazonのような巨大ECサイトでは、直帰率が落ちると売上も減ると言われています。

 

ページの最適化

評価は「Good」、「Medium」、「Low」のいずれかに分類されます。

 

これはページのパフォーマンス改善の余地があるかどうか? という指標になります。

Good:パフォーマンスに関するおすすめの方法が最大限適用されていて、最適化の余地がほとんどありません。ページのスコアは80以上。

Medium:パフォーマンスに関する一般的なおすすめの方法の一部が実装されていない。最適化の余地あり。ページのスコアは60~79。

Low:ページは最適化されておらず、最適化すべき点が多くある。ページのスコアは0~59の範囲。

 

改善項目は、画像を圧縮するという簡単なものから、CSSやJavaScriptを調整するという難易度が高いものまでいろいろとあります。

 

「Low」はさすがに良くないので、せめて「Medium」を維持しましょう。

 

[adchord]

 

まとめ

 

avatar

山根ただし

スマホユーザーの使いやすさを考えるとなると、やる事が多くて途方に暮れてしまいますよね。
ただ知っているのと知らないのとでは、大きな差が生まれます。まずはモバイルファーストインデックスを理解しておきましょう。

 

  • モバイルファーストインデックスを理解する
  • スマホユーザーのユーザビリティ向上を徹底しよう
  • 定期的にスマホでの表示速度をチェックしよう

 

ブログを改善する場合は、分析に基づいた考察が大事です!

Webサイトをマネタイズしていくためには、モバイルユーザーをしっかりと分析していきましょう。

モバイルファーストなWebサイトにする方法はこちら
デバイス分析の方法-Googleアナリティクス初期分析

 

モバイルページを高速に表示させるための手法「AMP」とは?
AMP関連の問題が検出?サーチコンソールに届いた警告に対処した件

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG