プロフィール

分析おたすけマンこと、山根のプロフィール

 

はじめまして!
当ブログ「ライフチェンジン・ハックス」を読んでいただきありがとうございます!

 

このブログでは「自分メディアを持って情報発信をしたい!」という方に向け、具体的な方法や考え方をお伝えしています。

「自分メディア」というのは、個人のブログ、企業のWebサイトを問いません。
「自分を変えたい」「自社のサービスを知ってもらいたい」ということであれば、このブログにある情報はきっと役に立つはずです。

まずはこのブログを運営している分析おたすけマンこと、山根ただしとは何者なんだ? ということをお伝えしたいと思います。

 

まずは簡単なプロフィール概略を紹介します。

分析おたすけマン、山根ただし

  1. 山根 正(やまね ただし) ※本名です
  2. 1977年生まれ
  3. 山口県出身。現在は東京都三鷹市に在住
  4. 【家族構成】妻と4歳の息子が一人。3人家族です
  5. 【好きなこと】ギター、ドラム、料理、日本酒、古本屋巡り、ブログ
  6. 【座右の銘】飄々(ひょうひょう)と
  7. 【経歴】
    1999年 東京の私立大学を中退。その後、バンド活動に全力を注ぐ。
    2003年~2008年 輸入車メーカーの広報部に勤務
    2008年~2019年現在 語学商材販売や学校・会員組織を運営する会社で広告とWebマーケティングを担当。

 

 

山根ただし
広報やマーケティングの職種にずっと携わっていて、かれこれ16年以上の経験があります。

 

分析おたすけマンとは?

 

ブログやSNSでは「分析おたすけマン」と名乗らせてもらっています。

 

「分析はクリエイティブだ!」というキャッチコピーを掲げているのですが、分析=クリエイティブ(創造)というのは、一見すると関連性がないのでは? と思うかもしれませんね。

創造というと、「何もない無」から生み出すイメージがあるかもしれません。
でも果たしてそうでしょうか?

自分を知り、知識を蓄え、行動する

だからこそ何かを創造できると、僕は考えます。

 

それはブログやWebサイトも同じで、「分析」「情報収集(リサーチ)」「施策の実施」をするから、たくさんの読者に読んでもらえるようになるんです。

その根源にあるのは「分析」だと考えています。

ですから

分析はクリエイティブだ!

なんです。

 

あわせて読んで欲しい!
分析おたすけマンの誕生秘話

 

ちなみにブログで使用しているイラストは、だいすけさん( @apainidia )に書いていただきました。
えっ!? 盛り過ぎ? まぁ、ご愛敬ということでご理解くださいw

 

なぜ40歳からブログを始める必要があったのか?

 

僕がこのブログを始めたは2018年5月9日。40歳になってからです。

ここ数年間、僕は自らの手で成長を止めてしまっていたと思います。
それに気づいたのが40歳のとき。

  • 40歳になって、ふと自分の人生を振り返ったときに自分の意志とは関係なく、流されるまま生きていた
  • 会社の給料は上がらず、毎日会社との往復。こんな日々がこれからも続くのかと思ったら逃げ出したくなった
  • 育児や生活することに日々目まぐるしくて、あっという間に時間が過ぎる。過ぎる時間に喪失感が大きくなってしまった

 

徐々に、というより、ある日突然気付いた感じです。
カミナリが落ちたように喪失感に襲われてしまったんです。

世間では40歳のことを「不惑(ふわく)」と呼びます。
中国の思想家である孔子。その弟子によって書かれた『論語』の一節だそうです。

40歳になって人生の方向性が定まり迷いもなくなったという意味なのですが、僕の場合はまったくの逆でした。

そのときに考えたことはこちらの記事に書いていますので読んでみてください。

 

 

ハイブリッドな副業・複業・パラレルワークの可能性

 

喪失感に悩みながら日々悶々と考えていたある日、「複業」「パラレルワーク」という言葉を知りました。
とにかくインプットを繰り返し、2~3カ月はさまざまな情報に触れていました。

 

終身雇用が崩壊し、働き方が多様化した今の時代、一つの会社に居座る意味は薄いなと気付きました。
とはいえ、何も考えずに転職をしても同じことの繰り返しでしょう。

 

40歳になってフリーランスという先行きが見えない働き方も不安。
起業をして社会の問題を解決できるような事業を始めたいがどうしたらいいかわからない。

 

家族もいますから、なかなか踏み切れないんですよね……。

 

なんてことを考えても、状況は一向に変わりませんから、とにかく動かなければ。

分析→情報収集ときたら、あとは「実行」のみです!

 

ハイブリッドな副業・パラレルワークという概念が、それを実現できるのではないか?
悩みを一気に解決できるような気がしました。

「会社員」であり、「フリーランス」であり、「起業家」である働き方を模索してみよう!
ハイブリッドな副業・パラレルワークという概念が、それを実現できるのではないか?

 

まずは自己発信力を強める。
そのためにブログとSNSを始めました。

 

そのあたりの考え方については、尊敬するブロガーである染谷昌利さんの著書『複業のトリセツ』をぜひ読んでもらいたいです。
この本は僕の冒険の書となっています。

 

そして、統計情報から見る複業の可能性も記事にしていますので、ぜひあわせて読んでみてください。

 

伝えたいメッセージ

 

「自分メディアの構築」「働き方の模索」という課題は、残りの半生を賭けてでも、チャレンジする価値があるように思えました。
そして、自分のチャレンジをブログやSNSで発信することで、僕と同じように悩んでいる人の力になれるのではないか?

一度しかない人生なので、やはり楽しく生きたい。

僕の伝えるメッセージが

  • 自分を変えたい人
  • 楽しい仕事をしたい人
  • 社会の仕組みを変えたいと思う人

に届けば、こんなに嬉しいことはありません。

 

そんな願いを込めて、ブログ名は迷わず「ライフチェンジング・ハックス」としました。

近況報告

 

ブログは初心者でしたが、マーケティングの知識と経験を生かして半年で月の収益は10万を超えました

アフィリエイトやアドセンスといった広告収入だけではなく、将来的に事業化を目論むマーケティングコンサルでも収益をあげることができています(むしろ広告収入より収益は大きい)。

 

ブログのPV数も月間1万PVほどで、毎月10%以上の伸長率で成長中です。
SEO対策による検索流入が90%を占め、SNSからの流入も一定数あります。

 

分析+情報収集+施策の実行を黙々と繰り返し、成長するためには何をすればいいのかを日々模索しています。

 

そんな日々を過ごしているうちに心が少し軽くなってきました。
人間は何かに熱中するのが最高の処方箋ですよね。

でも、まだまだ会社に行くのはつらいし、収益だって安定していません。

 

目標は今の会社の給料をブログ収益だけで超すこと!

そうすれば次のステージへ進める気がしています。

このブログでは気付きを余すことなく伝えていきますので、たま~にこのブログのことを思い出してもらえると嬉しいです!

 

 分析おたすけマンの強み

 

16年の広報・マーケティングの経験があるので、Webマーケティングの草創期から最新の手法まで知識は膨大にあります。

とくに得意としていること

  • Googleアナリティクスを使った分析
  • SEO集客
  • Web集客からリアルな売上への転換
  • オウンドメディアの構築・企画
  • 広報職時代の経験を活かしたブランディング戦略
  • Webマーケティングに必要な各種ツールのノウハウ
  • インターネット広告の運用・分析

 

このあたりについては、専門的なアドバイスを分かりやすくお伝えできると思います。
コンサルティングやレクチャーといった仕事を受けていますので、ぜひご依頼くださいませ。

 

そして、こちらは将来的に専門家レベルの知識と経験を得たいと、実践中のことです。

日々試行錯誤しながら勉強中のこと

  • SNSマーケティング(Twitter、インスタ)
  • 動画マーケティング(Youtube)
  • 個人メディアの構築から成果改善
  • アフィリエイト
  • アドセンス
  • 経営学

 

ここからは僕のことをもっと詳しく知りたいという方に向け、半生をお伝えしたいと思います。

 

お時間ある方は続いてどうぞ!

↓↓

会社という小さな社会しか知らなかった自分~ブログとの出会い

 

このブログを始めるまでは、燃え尽き症候群のようになっていました。

 

なぜこんな状態になってしまったのか?
それは自分でもわかりません。

いわば思考停止の状態……。

 

このままでいいのか?
もう人生を変えるのは遅いんじゃないか?

 

なんてことをずっと考えていました……。

 

でも「ブログを始めて個人メディアを持つ」という小さな一歩を踏み出したことで、状況が変わってきたんです。

ブログってすごく可能性のあるメディア。
日々インプットとアウトプットを繰り返して、記事を更新するのですから成長の速度が速まります。
しかも、稼げる(笑)

 

そしてSNSなどを通して、僕と同じように「人生を楽しくしたい」と頑張っている人とたくさん知り合いました。

 

今まで自分の人生を深く振り返ったことはありませんでした。
しかし、このプロフィールページを書くのが良い機会となりました。

 

あらためて「自分はこれからどうなりたいのか?」ということを深く考えられたんです。
みなさんもブログを始めたら、ぜひプロフィールページを作ってみてください。

 

自分のスタイルを貫くことにこだわった高校時代

 

高校卒業までは山口県防府市という街で育ちました。

父と母、そして妹の4人家族。
親は自営業を営んでいて仕事から帰ってくるのが遅く、妹と二人で留守番をして待っていた記憶があります。

 

中学生のときにギターやドラムに興味を持ちバンドを結成。
四六時中、バンドメンバーとつるんでオリジナル曲を作詞・作曲してました。
ライブなんかも定期的にして、けっこう活発に活動してましたね。

 

実は山崎まさよしさんが同じ地元で先輩だったのですが、貸しスタジオで何度かギターを教えてくれました。

 

当時はネットも当然ないですし、近所のCDショップには流行りの歌謡曲ばかりで、僕の好きなパンクやロックはほとんど手に入りませんでしたね(笑)

学校が休みの日には、電車で数時間かけて広島や福岡に行き、CDやロックな洋服を買ったりして、自分のスタイルを貫くことに心血を注いでいました。

 

大志をいだいて上京してきた苦学生時代

 

高校を卒業して、大学に入るために山口から上京。

憧れの東京に大志を抱いていて新生活をスタートしました。
当時はロックの聖地と言われていた下北沢に住みました。築40年以上のオンボロアパートでしたが、毎日ライブハウスやクラブに通い、刺激的な毎日を過ごしていましたね。

 

流行を作るメカニズムといった大衆心理に興味があり、三流の私立大学でしたが希望の社会心理学がある学部に入りました。
その学部は定員が少なく、そこそこの倍率だったと記憶しています。

 

とはいえ、ちょうどバブル後の不景気で、親の事業が傾きかけていたので、学費を当てにすることができず、奨学金を借りて、日々の生活費はバイトで稼ぐという生活でした。
まぁ、苦学生というやつですね(笑)

 

なんとかそんな生活にも慣れてきた大学3年の秋。
結局、親の事業は立て直せず、その時に亡くなった祖父が多大な借金を残していたこともあり、色々と複雑な状況が重なり悩んだ末、大学を辞めることにしました。

 

 バンドと借金と大志

 

大学をやめて手元に残ったのは借金のみ。

日本育英会から借りた奨学金が約300万、そして民間の金融機関で借りた教育ローンが250万ほど。結構な額の利子に驚きながら、毎月の返済はかなり負担でした。

 

ずっと頑張っていたバンドは続けながら、深夜のラーメン屋と早朝の築地で働く毎日でした。
好きなことに熱中する時間が減っていってるな~と焦るばかり。

 

バンドはインディーズブームもあり、ライブをするとそこそこお客さんが来てくれていました。有名なバンドと対バンするときなんかはギャラをもらえていましたね。
バイト代と合わせると、奨学金の返済をしても結構手元に残っていました。

 

バンドはサイコビリーというジャンルで、かなりアンダーグランドな部類。
とにかく僕は自分が好きな事を徹底して貫く性格で、周りの意見をあまり聞くタイプではなく、突き進むタイプでした。
しかし、このときはサブカルブームということもあり、そのスタンスがお客さんに受けていたようです。
同じ下北発のバンドとして、ミッシェル・ガン・エレファントやギターウルフが次々とメジャーデビューを果たしていた時代です。

 

自分たちでCDやグッズを作って売ったり、ライブのフライヤーを作ったり、雑誌やTVの取材も自分たちで売り込んで、露出を増やしたりしていました。

 

 就職氷河期

 

僕のこだわりが強い性格も災いしてか、バンドのメンバーが固定しない日々が続きました。

ライブを頻繁にできる状態ではなかったので、ライブをしないとお客さんに忘れられてしまう……と日々悶々としていました。

今、考えるとブログやSNSでの情報発信がこの時代にあったら、もっと上手くバンドをアピールできただろうし、仲間を集めるのも簡単だったかもしれません。

 

当時は就職氷河期の真っ只中で、希望の職業に就ける友達はほとんどいませんでした。
妥協が当然という時代の空気でしたから、友達には「好きなことだけやっていて羨ましい」とよく言われていました。

ただ、好きな事をやり続ける苦労というのも想像以上にキツイというのが現実です。

 

派遣社員から外資メーカーの広報へ

 

メンバー集めに嫌気が差してしまい、バンド生活を一区切りしました。

バイト生活も労働時間に対しての負担が大きく、割に合わないということに気付き始めました。当時、派遣社員の市場が大きく、僕もまずは派遣会社に登録することから就職活動を始めました。

 

正社員になれない人が溢れる時代、当時は派遣という働き方は市民権を得ていたんです。

 

運良く派遣で外資自動車メーカーの企業の広報部に潜り込めました。
面接でバンド活動のことを話したら、興味を持ってくれたようです。

後から「他に優秀な人はたくさん面接に来たけど、なんか面白そうだったし、素直そうだから」という理由で採用してくれたみたいです。

社会人スキルがまったくない、ただの若造を採用してくれたのは今振り返ると奇跡に近いですね。
本当に有難いことです。

 

正社員になれない苦悶の日々から、はじめての成功体験

 

しかし、いくら仕事を頑張っても派遣から正社員になるのは難しく、当時可愛がってくれた部長が、広告代理店の正社員にしてくれ、そこから出向というウルトラCで僕を広報部に置いてくれました。

華やかな広報の世界でマスメディアの人たちと仕事をして、まわりの20代と比べても、なかなか経験できない仕事をさせてもらっていました。

予算●億円という大きな仕事を任せてもらえたり、自分が考えたイベント企画が全国の主要5紙の一面で紹介されたりなど、調子に乗って天狗になっていたのは確かです(笑)

まぁ、実力が伴っていなかったので、その鼻はすぐ折れてしまうのですが。

 

転職、Webマーケティングとの出会い

 

自働車メーカーの合併や、所属する広告代理店の経営不振などで退社することに。

出向なわけですから立場的には弱く、会社は守ってくれるというスタンスではありませんでした。
採用してくれた部長は、ずっと気にかけてくれていましたが……。

 

当時は派遣切りや、ITバブルが弾けた後で、転職市場は冷え込んでいました。

 

これからの時代はWebマーケティングだと考え、必死に勉強し、自分を売り込むが職はなかなか決まらず。
数社目でやっと希望の職種に就くことができました。

 

それが今の会社です。

 

ところが、その企業は最初から上司や経営陣とソリが合いませんでした。そもそも家族経営の企業で保守的な会社で、社員を育成しようという感覚がない会社でした。
離職率も異常に高く、やっと上手く施策が回ってきたと思ったら人が辞め……という感じで、前に進む感覚がまったくないんです。
給料は上がらず、10年働いても役職にはつけず。

 

それでも周りの仲間は気のいい人ばかりで、何とか結果を残して、「会社を変えよう」なんて言いながら頑張っていました。

 

ちなみに妻とは社内結婚。当時は同じチームで仕事をしていて、メンバー4~5人でよく飲みに行ってました。
しかし当時の中心メンバーは一人、また一人と退職。体調不良で休職してしまうメンバーもいて、「仕事が楽しい」と感じる事がほとんどなくなってしまいました。

 

急激なやる気喪失、そしてブログを開始

 

年齢的に40歳、そして今の会社は10年目。

成長しているという実感がないまま、5年を過ごしました。

 

プライベートでは息子が生まれ、責任という言葉が強くのしかかります。

 

そんなとき、ふと目に入ったのは、以前ブログマーケティングを企画した時に手にしていた『ブログ飯』。染谷昌利さんの著書でブロガーのバイブルを言われている本です。
あらためて読んでみたら、最初に手にしたときには刺さらなかった言葉が、なぜか刺さりまくりました。
心が熱くなって、再び何かやりたい! という気持ちになったんです。

 

やはり会社って自分が成長できる場所であるべきだと思うんですよね。
そう思えなくなってしまったのは、自分にも原因はあると思いますが、外的な要因も大きいと思います。

僕の経験から言うと、人生は刺激的であるべき。
自分の好きなことをやった方が上手くいくことは多いと思います。

 

そうした迷い、会社に依存する働き方、サラリーマン思考に疑問を持ちはじめた矢先、退職勧奨により10年勤めた会社を退職しました。
2019年7月のことです。
こちらの記事をSNSに投稿したところ、多くの反応をいただきました。

 

図らずしも、新たな人生を歩み出すことになったわけです。

 

時代性という後押し

 

時代は変わって、複業、パラレルという働き方が選べるような世の中になってきました。
ブログってすごく可能性のあるメディアです。

 

ひと昔前に流行った芸能人ブログのような浅いメディアは思い浮かべないでくださいね。

 

今の時代のブログは、Webマーケティングや情報発信の方法を学んだ人が、戦略的に成功を手に入れることができるメディアになってきたと思います。
つまりは努力をすれば結果が出るということです。

 

そして、今のブログ業界は群雄割拠。とても刺激的です。
この状況はブログが新しいメディアに進化する過程なのかもしれません。

 

僕の経歴はブログと相性が良く、今まで本職で培ってきたマーケティングや広報の経験、知識を生かせます。

 

2018年5月にブログを始めて、一カ月で一万円稼げた!
すごい!
半年で月に10万を稼げるようになった。面白い!

 

僕の場合、ネットやマーケティングの知識があったといこともありますから、ちょっと例外かもしれませんが、こんなに学びが成果に直結するビジネスは珍しいのではないでしょうか。

ロールプレイングゲームをやっているような感覚に近いです。
ホイミを覚えたり、装備を整えたりすることで強くなる感じです。

 

月に100万を稼ぐブロガーの足元にも及びませんが、とにかく楽しいので本業で疲れた日でもブログを更新できています。

 

僕は僕のように悩んでいる会社員や主婦の方々をたくさん知っています。
そういったみなさんに、「分析」+「知識」+「施策実行」が無限の可能性に繋がるということを伝えていきたいです。
それが分析おたすけマンとしての使命だと思っています。

 

以上、プロフィールページでした。
最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

それでは引き続き、このブログをお楽しみください!

固定ページ

投稿ページ

カテゴリー

ページ

>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG