記憶と記録を残せ!2018年8月のブログ運営レポート

記憶と記録を残せ!2018年8月のブログ運営レポート

2018年5月9日に公開した当サイト「LIFE-changing HACKS!」。

ブログをやめる人が多いと言われる魔の3カ月目を乗り越え、9月9日に4カ月目を迎えました!

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
運営レポートも4回目。このレポートは未来の自分のために書いてます!

 

先月のレポートでは、徐々に検索エンジンからのアクセスが増えてきたという話をしました。

 

8月は、7月と同様に「刺さる戦略」でSNSからのアクセスを保ちながら、SEO対策をしてくという感じで運営。

 

その結果、

ブログに訪問してくれたユーザー数は、前月比150%アップ(ユーザー数+684)
新規ユーザー数も前月比138%アップ(ユーザー数+621)

という結果でした。

 

ユーザー数の比較。2018年7月VS2018年8月
▲ユーザー数の比較。2018年7月VS2018年8月。

 

初めてこのブログを見たという読者が多かったということになりますね。
これはとても嬉しい!

 

ただ課題も残りました。

 

ユーザー数の増加に対して、ページビュー数は-14.83%とダウントレンド
どういうことかというと、記事を1ページだけ見てブログを離脱してしまったということです。

 

今回の記事では、

 

記憶と記録に残せ!

 

と題して8月のブログ運営を振り返ってみます。

 

 



 

 

 

2018年8月の収入と支出

 

今月はほとんど売上がなかったのでサクっといきます(笑)

 

収入は790円(前月-5,309円)。
報酬が発生したのは、A8、amazon、アドセンスです。

 

サーバー代の月額換算で、1,350円。
あと8月からオンラインサロンにも加入したので、そこの月会費が4,600円

 

合わせると支出は5,950円。

よって、利益はマイナス5,160円でした。

 

5月からの累計でもマイナス17,795円の赤字なので、早く取り返したいですね。

先行投資は必要だとは思いますが、収支のバランスを見ながら身の丈に合ったブログ運営をしていこうと思います。

 

2018年8月にやったこと

・8月に投稿した記事は10本。

 

・Twitterのアカウント名を「LCH@40歳からのパラレルワーカー」から「山根タダシ@40歳からのパラレルワーカー」に変更。実名を出しました。

 

・そこから更にもう1度アカウント名を変更し、現在は「ヤマネ@分析おたすけマン」としています。
このアカウント名は、女性ブロガー7名に考えてもらいました!

 

・Googleアナリティクスの記事を集中して投稿しました。

 

Googleアナリティクスのコンサルを開始。記念すべき一人目はまなみんさん。解析をもとに、まなみんさんのブログの改善提案をさせていただきました。

 

・キングコング西野さんの著書『革命のファンファーレ』をブログで紹介。ご本人の公式アカウントで拡散いただき、多くの方に読んでもらえた記事になりました。

 

・CaptainJack@CJ社長 @CaptainJacksanがオーナーを務めるオンラインサロン「伸びシロサロン」に入会。話題のオンラインサロンとは、どういうものなのか? 色々と学ばせてもらっています。

 

というように8月は色々と施策を実行した結果、新規ユーザーの獲得につながったのだと考えてます。

 

CaptainJackさん風に言うと――

 

伸びシロですね~

 

となります(笑)

 

 

[adchord]

 

 

見えてきた課題

 

新規ユーザーを多く獲得したにも関わらず、ページビュー数が伸びなかった原因として考えられるのは

  • 最初に読んでもらった記事から、他の記事へ誘導する導線が弱い(内部リンクが弱い)
  • ブログに訪問したけども、想像していたものと違ったので離脱された
  • そもそもTwitterユーザーは1ページだけで離脱するものである

というところでしょうか。

 

記憶に残すということ

 

「SNSからの流入ユーザーは、1記事だけで離脱してしまう」ということが多いとよく言われますが、僕のブログにもそれは当てはまりそう。

Twitterユーザーは気になるアカウントがあればプロフィールを見て、「この人どんなブログをやってるんだろう?」とブログにアクセスしてくれる場合があります。

 

いわば様子を見るためのブログアクセス。

 

アクセスしてもらったときに、「このブログ参考になるな、おもしろいな」と思ってもらえるような工夫が必要ですね。

 

僕の場合だと、Googleアナリティクスに関する記事を集中して投稿することで、この人はアナリティクスの知識が豊富なんだな、と記憶に留めてもらうということを考えていました。

 

人の記憶に残すような仕掛け

これを常に考えながら、ブログとSNSで情報を発信し続けています。

 

記録に残すということ

 

ブログに関わる人であれば、「二つの要素の因果関係がはっきりすればいいのに」と、もどかしく感じた経験があるはず。

 

例えば――

「ユーザー数が増えれば、PV数は上がる」
「ブログのPV数が増えれば、収益が上がる」
「ブログに設置するバナー広告の数を増やせば、クリック率が上がる」

というように相関性を見出して施策が上手くまわればいいのですが、実際にはそう簡単に上手くはいきません。

 

因果関係さえわかれば、より精度の高い計画を練ったり、改善のサイクルを効率よく回せたりするはず!

 

そこで大事なのはWebサイトの改善を回せるツール。

 

そう。

Googleアナリティクスといったアクセス解析ツールなんです。

 

アクセス解析で改善施策を回す

 

ブロガーやアフィリエイターの場合、ユーザーとの接点はWebサイト(ブログ)です。
Webサイトの解析をすることで、わかることは多いんです。

 

「改善施策を回す」ということは、まとめるとこんな感じです。

 

改善施策の回し方
▲改善施策の回し方

 

詳しく説明していきますね。

 

改善施策の回し方

 

1.戦略を練る

例)Googleアナリティクスが得意だということをアピールして、コンサル案件を受注する。

2.仮説を立てる

例)Googleアナリティクスに関する記事を集中して投稿すればアナリティクスが得意だとわかってもらえるかも、という仮説を立てる。

3.戦略を実行する

例)実際に記事を書き、SNSでアピールする。

4.データを集計する

例)アナリティクスを利用して、ユーザーのサイト内での動きを把握できるようにする。

5.データを解析する

例)アナリティクスで蓄積したデータを解析し、次の仮説につなげる。

そして次に「新規ユーザーが増えたのにページビュー数が増えないのは「内部リンク」が弱いからかも」という仮説を立てて、2~5を繰り返します。

 

6つの視点でWeb解析してみる

改善施策を回すうえで大切なのは、「5.データを解析する」です。
その解析には見るべきポイントが6つあります。

①変化を見る

アクセス数などをグラフ化し、変化を見ます。
上がり、下がり、急増、急減といったことを把握します。

②分解する

ユーザーの属性や期間でアクセスを抽出、分解します。
分解することでユーザー行動の変化を探ります。

③比較して見る

分析する前提条件をそろえて比較。Webコンテンツの要素をそろえA/Bテストなどで比較してみます。

④ユーザーの遷移を見る

ページ遷移やユーザー行動を見ることでユーザーの導線やページ設計の改善を行います。

⑤グループ化する

ディレクトリ、URL、ページタイトルや関連するページなどコンテンツ(記事)をまとめ、傾向を把握します。

⑥予測してみる

過去の傾向から仮説を立て、作るべきコンテンツや改善策をシミュレーションしてみます。

2018年9月のTO DO

 

ブログを4カ月ほど運用してみて思うこと。

  • ブログはコツコツ記事を書く
  • コツコツ書いた記事は戦略的にアピールする
  • Twitterは新規ユーザー獲得に効果的

 

これに尽きるかな、と思います。

 

戦略的なアピールに関しては、そのブログそれぞれの方法があると思います。

戦略を考えることに時間をかけるべきだな、ということで4カ月目のレポートを締めさせていただきます。

 

avatar

山根ただし

目指せ! パラレル収入!

 

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG