オンラインサロン、Twitter企画。ブログを発展させる人の繋がりとは?2018年9月のブログ運営レポート

オンラインサロン、Twitter企画。ブログを発展させる人の繋がりとは?2018年9月のブログ運営レポート

2018年5月9日に公開した当サイト「LIFE-changing HACKS!」。
次のステージへの土台を築く、5カ月目を迎えました。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
9月はTwitter企画やオンラインサロンの活動など勢力的に動いた月でした。

 

まずは収益とアクセス数の報告です。



 

2018年9月の収入と支出

 

収入は10,006円(前月+9,206円)。
報酬が発生したのは、A8、amazon、アドセンスです。

 

そして9月から始めたアナリティクス・コンサル。
さっそくお問い合わせをいただきまして、新たな収益源となりました!

コンサル内容の詳細はこちらから
【LCH式】Googleアナリティクス・コンサルティング

 

支出をまとめます。

サーバー代の月額換算で、1,350円。
あと加入したオンラインサロンの会費が4,600円。
もうひとつ新たに加わったオンラインサロンの入会金が2,000円。

合わせると支出は7,950円。

よって、利益は2,056円でした。

 

ブログ開始当初の目標としていた1万円を超すことができ、第1段階はクリアできました。
まぁ、お小遣い程度の金額ですが、0から収益を生み出せたということもあり、達成感は大きいです。

 

一番最初の運営レポートでは、収益を月1万円以上にするためにいろいろと考えを巡らせてました。
4カ月目でやっと達成。

早いのか遅いのかは判断が難しいところですが、ブログで収益1万円を出すということは簡単ではないということです。

 

ここからどう伸ばしていくのか? 施策を振り返ったうえで考えることが重要です。

 

ブログ運営を開始して1カ月目のレポートはこんな感じでした。
手段を目的にしない!2018年5月のブログ運営レポート

 

 

[adchord]

 

2018年9月のアクセス数

 

検索エンジンからの流入は少しずつ右肩上がり。ブログの運用期間が長くなれば確実に伸びていきます。
安定してアクセス数が稼げますので、SEO対策はやはり力を入れたいところ。

 

しかし何といっても、9月はSNSからユーザーを多く獲得しました。

 

2018年9月の参照元別アクセス数の割合
▲2018年9月の参照元別アクセス数の割合。

 

下のグラフを見てもらうとわかる通り、過去最高のBuzzを経験しました。
あるインフルエンサーが自身のTwitterで記事を紹介してくれたんですね。

 

バズによりアクセスが急増
▲バズによりアクセスが急増。

 

その名もイケハヤ砲!

有名アフィリエイターであるアクセルさんをインタビューする機会に恵まれ、その記事がバズりました。
本当にアクセルさん様様です。

 

イケハヤさんをはじめ、たくさんの方がリツートしてくれたおかげでかなりアクセスが伸びた記事となりました。

 

それでは更新した記事を詳しく分析していましょう。

 

[adchord]

 

 

2018年9月にやったこと

 

・9月に投稿した記事は、アクセルさんのインタビュー記事を含め6本。

 

同期ブロガーである悠さん@kouteinopenguinの企画に参加して書いた記事。

 

インタビューをさせていただいたアクセルさんのTwitterをまとめさせていただいた記事。

 

同期の女性ブロガーにTwitterのアカウント名を考えてもらった「女性ブロガー会議」

 

というように6本中4本はTwitterの交流から生まれた記事でした。

 

Twitterでコラボレーションするメリット

 

このようなSNSを利用したコラボレーション企画は、人によって得手不得手があると思います。
ただ、こういった記事はTwitter上で拡散されやすい。

 

企画に関わったブロガーが記事を拡散してくれますし、拡散してくれればそのブロガーのフォロワーも記事を見てくれます。

 

SNSはコミュニケーションツール。

人と人が繋がって、自分のことも知ってもらう。

 

そういったTwitterの使い方は楽しいし、アクセスアップにも繋がるのでオススメです。

 

ブログを始めたばかりの人は、SNSで積極的に繋がりを持つようにしてください。

 

  • Twitterに反応して、コメントを残してみる
  • Twitterで何かのアイデアを発信している人がいれば、すぐさま行動に移す

 

この2点は、Twitterを利用するうえで本当に大事なことです。

 

そして、ブロガー同士の交流を持てる場所はSNSだけではありません。
最近増えているオンラインサロンも利用するメリットは大きいです。

 

[adchord]

オンラインサロンとは?

 

オンラインサロンとはネット上で展開されるクローズドなコミュニティのことです。
有料のサロンもあれば、無料のものもあります。

 

メリットとしては、クローズドなコミュニティだからこその、かなり深い話を聞けること。
例えば、有名な事業家から直接意見をもらえたり、表には出しにくい情報を教えてもらうことができます。

 

オンラインサロンには大きく分けて2つの運営方法があります。

1つはDMMオンラインサロンやCAMPFIREのようにプラットフォームを提供し、ビジネスとして展開しているもの。
もう1つは、プラットフォームを利用しない方法です。

 

オンラインサロンについては、いずれ詳しい記事を書きたいと思いますが、今回は簡単に紹介しておきますね。

 

 

プラットフォーム型

 

代表的なプラットフォームを2つ紹介しますね。

 

DMMオンラインサロンには、「堀江貴文イノベーション大学校(月額/10,800円)」「落合陽一塾(月額/10,800円)」といったサロンがあります。

 

▲DMMオンラインサロン。

 

CAMPFIREには「はあちゅうサロン(月額/9,800円)」「箕輪編集室(月額/4,320円)」といったサロンがあります。

▲CAMPFIREのオンラインサロン。

 

非プラットフォーム型

 

LINEやFacebookといったグループチャットを利用できるサービスを使って運用されます。
代表的なものに「西野亮廣エンタメ研究所(月額/1,000円)」「ブロガーズギルド(無料)」といったものがあります。

プラットフォーム型より安価なサロンが多いのが特徴でしょうか。
あとは比較的小規模なサロンも多いので、人との繋がりが作りやすいというメリットもあります。

 

僕が所属しているオンラインサロンは現在4つ。
いずれも非プラットフォーム型です。

  • 伸びシロサロン(月額/4,600円)
  • 出版を目指すサロン(入会のためにはnote購入が必要2,000円) ※12月1日から月額有料制のサロンとなります。
  • 『複業のトリセツ』実践サロン(入会費/3,000円) ※書籍購入者は割引あり
  • ブロガーズギルド(無料)

 

それぞれに特徴があり、学べることがあります。

 

オンラインサロンでは頻繁に利用者同士のやり取りがされるので、LINEやFacebookの通知はかなりの量となります。
1つひとつ丁寧に対応していると時間を消費してしまうので、その点は上手く工夫する必要があります。

オンラインサロンとはそういうものだということを理解しなければなりません。

 

これらのオンラインサロンの存在はTwitterで知りました。
Twitterが起点となっていることを考えれば、やはりSNSの利用は重要となります。

 

[adchord]

 

 

見えてきた課題

 

コンサルは人との繋がりが受注に至るケースが多いです。

僕の場合、今のところ100%でTwitterからの受注。

信用商売なので、素性の知れない人にはコンサルを依頼したくないですよね。

 

そういった形のない信用をどうアピールするかについては、かなり深く考えてブログを立ち上げました。

 

刺さる戦略
▲刺さる戦略。図解:Created by かすみん(@rrnkamin10)

 

実名を出すということ。
実名を出すということ。図解:Created by かすみん(@rrnkamin10)

 

関連記事でも詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

 

2018年10月のTO DO

 

10月はアフィリエイト、コンサルという柱を更に伸ばしていきたいと考えています。

  • Twitterの企画を実行する
  • 人との繋がりを作れる企画・プロジェクトには積極的に参加する
  • コンサルは口コミでの信用を得れるように成果を焦らない

引き続き戦略を考えること、そしてその効果検証に時間を使っていきたいと思います。

 

過去のレポートはこちらから

→ 運営レポート一覧

 

 

avatar

山根ただし

目指せ! パラレル収入!

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG