もしあなたがセミナー講師を依頼されたら?セミナー内容の作り方を解説

もしあなたがセミナー講師を依頼されたら?セミナー内容の作り方を解説

こんにちは。分析おたすけマンこと、山根(Twitterはこちらから)です。

去る2019年3月7日に、ブログ界のレジェンドである染谷昌利さんのイベントでセミナーをするという機会に恵まれました。

 

山根ただし
僕がブログを始めたきっかけは、染谷さんが書いた『ブログ飯』という本を読んだから。雲の上の存在であった方のイベントでセミナーができるなんて、ブログを始めたときには考えもしなかったことです。

 

ブロガーのバイブル『ブログ飯』!

created by Rinker
¥1,728 (2019/05/27 10:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

染谷さんの名著『複業のトリセツ』をレビューした記事はこちら

 

レジェンドからのご依頼とあっては失敗できません!
何としても期待に応えたい!

という感じで、決死の覚悟で臨んだ今回のセミナー(少し大げさか……)。

僕がどんな活動をしているのかという宣伝も兼ねて(笑)、どのようにセミナー内容を作っていったかをお伝えしたいと思います。

今後、人前で話をする方の参考になれば嬉しいです!

 



 

セミナーを受けていただいた方の感想

 

当日はあいにくの雨でしたが、約20人ほどの方にお越しいただきました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございます!

ありがたいことに感想をツイートしてくれる方も。
こういう感想は励みになるので、セミナーに参加した方は積極的にツイートすることをおすすめします(笑)

僕の活動のキャッチコピーである「分析はクリエイティブだ!」が心に響いたと言ってくれる方もいて嬉しかったですね。

 

セミナーの内容は「自分のブログの現状把握と改善のポイント探し」

 

下記が今回のセミナーのイベント概要です。

セミナータイトル:
【ワークショップ】自分のブログの現状把握と改善のポイント探し

開催日時:
2019/3/7 (木)  19:00 – 20:45

チケット:
一般 3,000円、学割 1,000円

場所:
Basis Point 汐留店 Lab.2nd(東京都港区東新橋1-1-2 アソルティ東新橋4F)

 

Twitterでも告知しました。

 

今回のセミナーでは、「自分のブログの現状把握と改善のポイント探し」と題して、成果を増やすために必要なKGIとKPIを書き出せるようになることをテーマとしました。

テーマについては、染谷さんからの要望を踏まえたうえで、僕がシラバス(講義などの内容や進め方を示す計画書のこと)を作成。
そこから染谷さんの意見を伺いつつ、さらに内容を深めていくという進め方でした。

 

自分が企画者として開催するセミナーであれば、内容も自由に決めてもいいと思います。
しかし企画者が別にいるのであれば、必ず内容の調整をしながら、お互い誤解がないように進めていくのがおすすめです。

 

 

セミナー内容の骨子が決まったら、シナリオを作っていく

 

普段から話すのが好きでアドリブが効く人であれば、セミナーの内容は大体の感じで準備しておけば十分かもしれません。
ただそれは余程の才能の持ち主か、場数を踏んで慣れている人です。

基本的には事前の準備をしておくのが無難でしょう。

セミナー慣れしていない場合、いざセミナーが始まると「何を話そうとしたんだっけ?」と頭の中が真っ白になる場合があります。
準備をしていたとしても、そうなることがあるくらいです。

僕は人前で話すことが得意ではないので、準備にはしっかりと時間をかけました。
今回は約100分のセミナーでしたが、準備の時間はだいたい7~8時間くらい。

 

どのようにセミナーのシナリオを作っていくか?

 

今回のセミナーを担当するにあたり、パワーポイントで投影用資料も用意しました。
まずは細かいところを作りこまず、話す内容ごとにパワポを1枚ずつ分けて作成。

そうしてまずは30枚くらいのスライド資料が完成しました。
そこからセミナーの予行演習をしながら「伝わりにくそうな部分」はスライド資料を細分化していきます。

そうして最終的には50枚程度の資料となりました。

パワーポイントの投影用資料
▲パワーポイントの投影用資料

 

ワークを入れると参加者の集中力が途切れない

 

もうひとつ工夫をしたことがあります。

ずっと話を聞いているだけのセミナーだと飽きてしまうので、途中に「ワーク」を2回挟むようにしました。
「ワーク」とは参加者同士で相談しながら実際に作業をしてもらう時間です。

 

こうして当日のアジェンダは下記のような感じとなりました。

①自己紹介(5分)

②アジェンダと本セミナーの目的について(5分)

③アクセスを増やすために必要な考え方~あなたのブログをどんな人に見て欲しいですか?~(計35分)
-想定ターゲットの設定について説明(10分)
-ワーク1(10分)
-まとめ:ターゲット設定をするメリット(15分)
(ターゲット設定について、染谷さんからのアドバイスとまとめ)

④休憩(10分)

⑤ブログを改善するために必要な考え方~成果を増やすために必要な指標をもっていますか?~(計40分)
-KPIとKGIについて説明(10分)
-成果につながる考え方(10分)
-ワーク2(10分)
-まとめ:目標設定をするメリット(10分)
(ブログを改善することについて、染谷さんからのアドバイスとまとめ)

⑥質疑応答(10分)

 

セミナーでは参加者に持ち帰って欲しい明確な目標を伝える

 

こういった単発のセミナーの場合は、明確なゴールを設定しておくべきだと思います。
情報が多すぎると参加者は混乱してしまいますからね。

文字情報が残るブログの場合、理解できなかった部分は読み返せばOK。
しかしセミナーの場合、耳で聞いて理解する情報が多いため、記憶に留められず流れていきます。

 

ですから、まずセミナーの最初にドンと目標を伝えると、参加者はわかりやすいはず。

セミナーでは参加者に持ち帰って欲しい明確な目標
▲セミナーでは参加者に持ち帰って欲しい明確な目標

 

他にも重要なこと、伝えたいことはたくさんありました。
でもゴールはできるだけシンプルに、最低限これだけは参加者に持ち帰って欲しいという事に絞ったほうがいいと思います。

参加者は貴重な時間を割いて来てくれていますから、何か1つだけでも持って帰ってくださいという「おもてなし」の気持ちが大事です。

そして、そのゴールに向かってシナリオを構築していくと1本芯が通ります。

 

内容のシナリオを作るにあたって見落としてはいけないこと

 

セミナーでは、冒頭でゴールを伝える瞬間が一番大事です。
いかに説得力を持たせるかで、参加者の聞く姿勢が変わってきます。

今回のゴールは

ブログで成果を増やすために必要なKGIとKPIを書き出せるようになること

でした。

 

「KGI? KPI? 何それ?」という反応なのですが、今回のセミナーの場合、数字データを見ることにどんなメリットがあるのか理解してもらわなければなりません。

 

ゴール設計に説得力を持たせるために

 

メリットを理解してもらうために、具体例を挙げてゴールに説得力を持たせてみました。
具体例には誰でも知っているような固有名詞を挙げるといいかなと思います。

 

今回は下記のようなことをお伝えしました。

実際の具体例を挙げてみます。
今回の場合、誰でも知っている固有名詞はソフトバンクの孫社長です。

勘や経験だけに頼ってブログ改善していると無駄が多いんです。

そうならないために数字でデータを見ることが大事。ソフトバンク孫社長の数値化仕事術が有名ですがご存知でしょうか?
(ここで参加者の反応を見る)

孫社長が短期間で業績を上げたのは「数字で考え、数字で語ること」を徹底したから。
数字を見る目的は、良いところを探すのではなく、むしろ改善するための問題点を発見したいため。

では、どうすればいいのか?
まずはKey Goal Indicator(最終目標を数値化し、定量的に評価できる指標)を決めます。

KGIは売上、PV数、クリック数、作業時間、ブログの記事数など数字化できるものであれば何でもOKです。

そして次にKey Performance Indicator(KGI達成までの各プロセスの達成度をはかるもので、ゴールまでの中間指標)を決めます。

KPIは何だか難しく聞こえますが、要はKGIを分解した数字のことです。

 

という感じで説明したあと、「分解してみよう」という次の内容に移ります。

 

「分解してみよう」の説明スライド
▲「分解してみよう」の説明スライド

 

ゴールを明確にすれば、あとは枝葉を付ければいいだけ。
この作業については、ブログやSNSでアウトプットしている方であれば苦労は少ないと思います。

 

 

まとめ:専門分野の発言を多くの人にわかりやすく説明できたら人生は楽しくなる

 

解説したような感じで実施した今回のセミナー。
好意的なご意見が多く、一安心でした。

欲を言えば随所に面白い話を挟んだりして楽しい雰囲気を作るのが理想ですが、まぁそれは僕の実力だと難しかもしれません(笑)

 

結局のところ、相手にわかりやすく説明するにはコツが必要なことは確か。

 

個人が情報発信しやすくなった今の時代、ブログやYoutubeなどでその人の専門分野を、専門でない人に伝える機会というのは圧倒的に増えています。

そのときに必要なのは、わかりやすく伝えること。

 

自分だけのこだわりや専門分野の発言を多くの人にわかりやすく説明できたら、あなたに共感する人が増え、人生がもっと楽しくなると思うのです。

それではまた!

 

お仕事のご依頼はこちらから!

 


続いて読みたい記事はこちら

 



もしあなたがセミナー講師を依頼されたら?セミナー内容の作り方を解説
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG