副業マッチングサービスが続々登場!自分の得意を売買しよう

副業マッチングサービスが続々登場!自分の得意を売買しよう



 

副業解禁と言われ始めてから、1~2年が経ちました。

  • 公的年金だけでは老後に2000万円不足する
  • 大企業の45歳以上を対象にしたリストラ

など、将来の収入への不安は募るばかりではないでしょうか。

 

もはや「副業をする」という考え方は、当然となっている感覚さえあります。

 

山根ただし
こんにちは。分析おたすけマンこと、山根です(Twitterはこちらから)。
僕もブログでの広告収入やコンサルタントで副業収入を得ています。
ここにきて、さまざまな副業マッチングサービスが立ち上がっていて、今後も副業市場はさらに加速していきそうです。

 

 

増え続ける副業フリーランス

 

ランサーズ」や「クラウドテック」といったような、個人(フリーランス)と企業を結ぶマッチングサービスは、数年前から存在していました。

 

実態として、フリーランス人口の7割は副業フリーランスという報告があります。

日本のフリーランス人口
▲日本のフリーランス人口

 

このような調査からもわかるとおり、副業の経済規模は年々増加しています。

 

それに伴い、株式投資や不動産投資といった資産運用に目を向ける人も増加傾向。
今では「企業に勤めていれば安泰だろう」という言葉を聞くと、鼻で笑われることすらあります。

 

資産形成は、国や会社に頼らず、自分で作っていかなければならない時代になってきたわけです。
このように「個のパワー」が強まる動きは、今後ますます加速していくはずです。

 

当ブログ(ライフ・チェンジング・ハックス)では、開設当初から「パラレルワーク」「CtoCビジネス」に注目しています

人生をうまく変えていくためには、副業の準備を始めることが第一歩。
ぜひ当ブログで情報収集してもらえればと思います。

参考記事

2017年は副業解禁元年だった!副業のメリットについて考えてみた

 

山根ただし
こういった状況を踏まえ、今回の記事では「副業マッチングサービス」について解説していきます。

 

 

 

副業マッチンサービスとは?

 

最近、存在感を増しているのが、「副業マッチングサービス」です。

 

この1年の動きとして目立つのは、「ココナラ」を始めとした「スキルの売買サイト」ではないでしょうか。
お笑いコンビ、和牛が出演する全国CMを見た方も多いはず。

 

これまでの副業マッチングといえば、WebデザインやWeb記事のライティング、ロゴ制作などが多いイメージがありました。

 

ココナラでは、副業の幅は広がりを見せていて、「ニッチなものでニーズにはまると売れ続ける」という現象が起きているそう。
つまり、競合の少ないブルーオーシャンを狙ったスキルで、自分の強みを生かすという副業に需要があるという動きになりつつあります。

 

実際に「ココナラ」で売られているものを見ると、

  • 人事歴15年。就活・転職に親身のアドバイスをします(西川明宏さん)
  • あなただけの【顔分析メイクカルテ】お作りします(たむきちさん)
  • 笑いを取るメカニズム、お教えいたします(いぬやまんさん)

など、売りに出されているスキルは多種多様です。

 

自分のスキルを生かす副業については、下記の記事でも紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

加速するCtoCビジネス!さまざまなサービス、アイデアを紹介

 

副業マッチンサービス8選

 

スキルを売買するという観点から、注目したい副業マッチングサービスを8つほど紹介します。
新しいサービスばかりで、今後の発展に目が離せないサービスばかり。

 

一口に副業マッチングサービスといっても、いくつかタイプがあります。
特技やスキルを売買するという共通点はあるものの、微妙に方針が違うので、知っておくといいです。

  • ココナラやタイムチケットのように、販売総額によって手数料を取るビジネスモデル
  • シューマツワーカー、プロの副業、ロッツフルのように人材紹介業の役割が大きいビジネスモデル
  • ヨソモン、ジョインズのような地域貢献型のビジネスモデル

上記の3パターンかなと思います。

 

山根ただし
各サービスについて、紹介していきます。

 

ココナラ

 

先ほども紹介しましたが、スキル売買の副業マッチングのベンチマークとなっているのが「ココナラ」。

ココナラの公式サイト
▲ココナラの公式サイト

 

登録は無料。
手数料は、販売総額によって「10%~25%+税」という設定です。

 

知識や経験、スキルなど、自分の得意なことを販売できます。
とにかく提供されているサービスの幅が広く、利用者にとっては、「こんなサービス、受けてみたい」と思うような面白いものがたくさん見つかると思います。

1回500円から販売できるという手軽さも魅力ですね。



→ ココナラの公式サイトはこちらから

 

タイムチケット

 

タイムチケットは、自分の「空き時間」を売買できるサービス。

タイムチケットの公式サイト
▲タイムチケットの公式サイト

ビジネスの相談から雑談、果ては愚痴を聞くといったことまで、チケットを購入してカフェなどで話を聞く対面型スキルシェアサービスです。

チケットの発行は無料。
チケットの支払いが確定した際、27%+税が発生します。

 

→ タイムチケットの公式サイトはこちらから

 

ビザスク

 

企業が抱えている課題を、「ビザスク」に登録したビジネス経験者に相談できるというサービスです。

ビザスクの公式サイト
▲ビザスクの公式サイト

知見のあるビジネスマンが、電話・対面会議という方法で課題解決の手助けをしてくれます。
平均謝礼額は1時間15,000円ということなので、副業マッチングサービスとしては高額な部類に入ります。

登録は無料。ビザスクの利用手数料は謝礼学の30%です。

 

依頼者側としては、コンサルティング会社に頼むより安価に利用できるという点で、メリットがありそうなサービスです。
経験豊富なシニア・ミドル層に登録をおすすめしたいですね。

 

ビザスクの公式サイトはこちら

 

シューマツワーカー

 

エンジニア、Webデザイナー、マーケター向けの副業案件が揃うサービスが「シューマツワーカー」です。

シューマツワーカーの公式サイト
▲シューマツワーカーの公式サイト

週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業を紹介してくれ、専属のコンシェルジュがサポートしてくれます。

報酬は時給制となっていて、案件によって希望する稼働時間があります。
リモートで働きたいと考えている主婦や、地方在住者にも使いやすいサービスかなと思います。

 

シューマツワーカーの公式サイトはこちら

 

プロの副業

 

広告・デジタル・PR業界に特化した人材紹介サービスを展開するホールハートが運営するサービス「プロの副業」。

プロの副業の公式サイト
▲プロの副業の公式サイト

マーケティングや広報、人事、営業といった職種で、副業人材を紹介するというサービスです。
簡単にいうと人材派遣業ぽいサービスで、やや敷居が高いかなというイメージです。

 

登録は無料。
報酬は、案件に応募後に交渉という形が多いようです。

 

プロの副業の公式サイトはこちら

 

ロッツフル

 

キャリアアップしたい個人とベンチャー企業をつなぐと「ロッツフル」。
転職サイト「doda」のパーソルグループが運営しています。

ロッツフルの公式サイト
▲ロッツフルの公式サイト

人材不足で悩むベンチャー企業と双方にメリットがあるという点に着目した面白い副業マッチングサービスです。

週1回、4時間~という働き方が可能。
自分の経験をどのように活かすかは、専任のタレントプランナーがアドバイスしてくれるので、副業初心者にも安心のサービスです。

 

ロッツフルの公式サイトはこちら

 

ヨソモン

 

副業として、人材が不足している地方企業の課題解決に協力するというサービスが「ヨソモン」。

ヨソモンの公式サイト
▲ヨソモンの公式サイト

謝礼は月5万~、業務契約期間は3カ月程度といったように、短期プロジェクトがメインです。
自分の知識やスキルを地方創生や地域の活性化に役立てたいという方におすすめのサービスです。

 

ヨソモンの公式サイトはこちら

 

ジョインズ

 

「ジョインズ」は、地域の自然・文化を活かした企業とのマッチングをしているサービスです。

ジョインズの公式サイト
▲ジョインズの公式サイト

地域企業は今、深刻な人材不足で、業務改善やITツール導入など、さまざまな問題を抱えています。

これまでリゾート運営サービス業や日本酒の製造メーカーの業務改善などで実績があるようです。

 

上限単価は4万円/日、契約期間は3〜6ヶ月程度、渡航費などの経費は地域企業の負担という条件。

とくに知見のある40代、50代の人材を求めているとのことなので、自分が興味のある地域もしくは文化に関するプロジェクトがあれば、応募して手助けしてあげましょう。

 

ジョインズの公式サイトはこちら

 

副業マッチングサービスのメリットとデメリット

 

次に副業マッチングサービスを利用するメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

 

メリット

 

メリットは大きく2つあるかなと思います。

  • リモートで在宅ワークが可能
  • 仕事を受注するための労力が少なくてすむ

これまで副業といえば、自分でブログやSNSを運営して集客し、そこからコンサルティングなどにつなげるといった方法が主流でした。

 

Facebookやアメブロでは、とくにそのような活用方法で運営している人が目立ちます。
起業家セミナーとか、めちゃくちゃ多いですよね。

しかし現実問題として、集客するまでの道のりが大変でした。

SNS経由で受注するのであれば、フォロワーを増やして影響力をつける必要があります。
ブログにしても、SEO対策やメルマガなど集客の仕組みを作るのは一苦労です。

 

副業マッチングサービスを利用すれば、そもそもの集客はプラットフォームとなるサービスサイトが担ってくれます。
よって、サービスの質を向上したり、顧客満足度を高めるほうに注力できるというわけです。

 

この点はメリットかなと思いますが、一方でスキルの棚売りをされているようなものなので、より一層の差別化が必要となってくるでしょう。

 

デメリット

 

副業マッチングサービスを利用するデメリットとしては、

  • 手数料がかかってしまう
  • 非正規雇用を促しているだけという見方もできる

ということでしょう。

 

メリットにも挙げた決済システムなどが利用できることを考えれば、手数料を支払うことで手間が省けるので、一概にデメリットと言えないかもしれません。

しかし、やろうと思えば自分自身でもシステムを構築できます。
ちなみに、僕のコンサルの場合は、ブログで集客→Paypalというオンライン決済システムを利用する方法をとっています。
ひと手間掛かりますが、基本的には費用はかかっていません。
ブログの運営費用として、レンタルサーバー代で年に15,000円程度です。

 

手数料でかかる金額によっては、SNS広告やリスティング広告に使ったほうが効果的というパターンもありそうです。

 

また人材紹介業が提供する副業マッチングサービスについては、非正規雇用を促しているだけという見方もできるので、注意が必要です。

  • 在宅でリモートワークが可能
  • 隙間時間を活用できる

という点でメリットは大きいですが、自分が進みたい方向性を決めたうえで、しっかりと考えていく必要がありそうです。

 

 

まとめ:拡大する副業市場の将来予測

 

大手が展開するサービスの参入も始まり、ますます盛況な副業市場。

 

副業の定義は、

自分のスキルを活かして、場所や業界に限らず仕事をしていく

という形で認知が広がっているようです。

ブログでアフィリエイト、せどりといったように、これまでの副業とはかなりイメージが変わってきていますね。

 

個人的には、人材が流動することで、ベンチャーの発展や地域産業の活性化など、経済状況が良くなることに繋がればいいなと思います。

ただし、仕組みの構築や世間的な認知という点では、副業マッチングサービスはこれからのサービスです。
今後も発展していくのか、それとも一過性のものなのか、注目していきたいですね。

 

山根ただし
副業をすることで、自分自身の世界も広がりますよ。

 


 

よく一緒に読まれている記事

 



副業マッチングサービスが続々登場!自分の得意を売買しよう
最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG