【Twitterアナリティクスの使い方】反応を分析して投稿の精度をアップ



 

Twitterでの情報発信に力を入れるなら、「Twitterアナリティクス」の使い方はぜひ覚えておきたいところ。
Twitterアナリティクスとは、Twitterアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用することができる分析機能です。

この記事では、Twitterアナリティクスの基本的な使い方をお伝えしていきます。

 

山根ただし
こんにちは。分析おたすけマンこと、山根です(Twitterはこちらから)。
フォロワーに喜ばれる情報発信をするためにも、反応を分析することで投稿の精度をアップしていきたいですよね。

 

 

Twitterアナリティクスで分析できることは?

Twitterアナリティクスのイメージ画像

 

Twitterアナリティクスの見方と用語の解説をしていきます。

Twitterアナリティクスは、パソコンで見たほうが分析しやすいです。
スマホからは簡易版のアナリティクスを見ることはできますが、横断的な分析はできません。

スマホの簡易版Twitterアナリティクス
▲スマホの簡易版Twitterアナリティクス

 

本格的な分析をするならパソコンからTwitterにアクセスして、アナリティクスを見てみましょう。

パソコンのTwitterアナリティクス
▲PCのTwitterアナリティクス

 

Twitterアナリティクスのホーム画面の見方

 

Twitterアナリティクスを開くと、まず表示されるのは「ホーム画面」です。

Twitterアナリティクスのホーム画面
▲Twitterアナリティクスのホーム画面

 

過去28日でのパフォーマンスの変動として、

  • ツイート数:その期間にツイートした数
  • ツイートインプレッション数:自分のツイートがタイムラインに表示された数
  • プロフィールへのアクセス数:自分のTwitterプロフィールにアクセスされた数
  • @ツイート数:自分のアカウントを@ツイートされた数

を確認できます。

 

このホーム画面でおよその概要を掴んでおきましょう。

そしてスクロールすると、月ごとのパフォーマンスを確認できます。

月ごとのツイートパフォーマンス
▲月ごとのツイートパフォーマンス

ここでは「新しいフォロワー」が項目として追加されています。
月ごとにどれくらいフォロワーが増えているのか確認するといいですね。

ここまでで見ておきたいTwitterアナリティクスの数値をお伝えしておきます。

 

プロフィールへのアクセス数はフォロワー増加の指針

 

Twitterの仕組み上、そのアカウントをフォローするためには、一度プロフィール画面を経由しなければなりません。

タイムラインで流れてきた投稿を見て、「このアカウントが発信する情報は気になる」と思ったら、アイコンかアカウント名をクリック。

アイコンかアカウント名をクリック
▲アイコンかアカウント名をクリック

 


プロフィールページを経由。

プロフィールページ
▲プロフィールページ

プロフィール文を確認して「フォローする」のボタンを押す
という順になります。

 

ということは、プロフィールページへのアクセス数は、

自分の投稿が気になった人の数

ということになります。

フォロワーを増やそうと思ったら、まずは「プロフィールページへのアクセス数」を増やすということですね。

 

プロフィールのクリック率は、

プロフィールページへのアクセス数÷インプレッション数

で計算できます。

 

僕は、TwitterアナリティクスからCSVを抽出して、投稿ごとにプロフィールのクリック率を出したりしています。

プロフィールのクリック率が高い=反応が良い投稿

と考えてもいいと思います。

 

@ツイートはフォロワーとの交流度を図る指針

 

@マークを付けて他のアカウントの名前を挙げることを、「@ツイート」と呼びます。

下図のような形で、アカウント名を挙げてツイートしてくれることをきっかけに、興味を持たれるケースは多いです。

@ツイート
▲@ツイート

 

UGC(User Generated Contents/いわゆる口コミ)は、人間の性質上、記憶してもらいやすいというメリットがあります。

@マークツイートも気にしておくと、Twitter運用の役に立ちます。

UGCについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

あわせて読みたい

【SNSの時代】Twitterはどう活用すべき?ゆる~く始めてフォロワー1200人

 

 

山根ただし
それではもっと詳しくTwitterアナリティクスを見ていきましょう。

 

 

 

ツイートアクティビティの見方

 

上部メニューにある「ツイート」をクリックすると「ツイートアクティビティ」の画面が表示されます。

ツイートアクティビティの画面
▲ツイートアクティビティの画面

このツイートアクティビティでは赤枠①のように、

  • 1日ごとのツイート数
  • 1日ごとのインプレッション数

 

そして、画面の下にスクロールすると、赤枠②のように「個別のツイート」の

  • インプレッション数
  • エンゲージメント
  • エンゲージメント率

を確認できます。

 

ユーザーの行動を可視化するエンゲージメント

 

エンゲージメントはTwitterにおいて非常に重要な指標となります。

エンゲージメントの詳細は、「ツイートアクティビティを表示」をクリックすると個別ツイートごとに確認できます。

ツイートアクティビティを表示をクリック
▲ツイートアクティビティを表示をクリック

 

エンゲージメントを構成する行動には、

  • メディアのエンゲージメント
  • いいね
  • 詳細のクリック数
  • プロフィールのクリック数
  • リンクのクリック数
  • ハッシュタグのクリック数
  • 返信
  • リツート

などがあります。

 

エンゲージメントが増えるとインプレッションも増えるという仕組みです。

 

エンゲージメントが伸び悩むという人は、複数の行動を促しやすい投稿をすると効果的です。
とくにメディア(GIG、画像、動画など)のエンゲージメントは高くなりやすいので、おすすめです。

 

エンゲージメントをアップさせる方法については、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい

エンゲージメント率アップ!Twitterのアルゴリズムを解説

 

 

Twiiterは投稿した直後に「いいね」や「リツイート」が付くとエンゲージメントがアップしやすいという特性があります。

そのあたりも知っておくと効果的にTwitterを活用できると思います。

 

トップツイートで反応が良い投稿を抽出

 

「ツイートアクティビティ」のグラフ下にある「トップツイート」をクリックすると、個別ツイートをインプレッションの高い順に並び替えてくれます。

反応が良かったツイートは、時期を空けて再度ツイートするというのも有効な手です。
僕の場合、少し言葉の使い方を変えるなどして、似たような内容の投稿を繰り返すことがあります。

以前に反応が良かった投稿は、再度ツイートしても反応が良い傾向にあります。

 

ツイートネタに悩んでいる人にはおすすめの方法です。

 

ツイッターには、さまざまなノウハウがあります。
初心者向けの活用方法をこちらの記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

【Twitter活用術】情報収集だけで終わらせないTwitter初心者のための効果的な使い方

 

オーディエンス画面でユーザーの傾向を分析

 

Twitterアナリティクスには、ユーザーの性別や趣味・興味を確認できるレポートもあります。
メニューの「オーディエンス」をクリックすると表示されます。

 

「オーディエンス」はさらに、

  • 人口特性
  • ライフスタイル
  • 携帯電話会社

というタブに分かれていて、詳細を見ることができます。

Twitterアナリティクスのオーディエンス
▲Twitterアナリティクスのオーディエンス

 

ユーザーの種類は、

  • すべてのTwitterユーザー
  • オーガニックな広告ユーザー
  • 広告でリーチしたユーザー
  • フォロワー

というように、セグメント分けをして見ることができます。

 

オーディエンスの傾向は、プロモーション広告を出すときに活用する機能で、そうでない場合は参考に見ておく程度でOKです。

 

イベント画面で話題のツイートを分析

 

Twitterアナリティクスの「イベント」では、今後トレンドに上がってくるであろうイベントを確認できます。

Twitterアナリティクスのイベント
▲Twitterアナリティクスのイベント

 

チェックしておいて、イベント開催期間中に関連するツイートをするとインプレッションが高まる傾向にあります。

その際には、そのイベントで使用されているハッシュタグもチェックしてツイートするといいですね。

 

 

知っておきたいTwitterの便利な検索方法

 

Twitterを情報収集で活用する方も多いのではないでしょうか。
そんなとき知っておきたいのが、便利な検索コマンドです。

エゴサーチをするときにも役立つので、確認しておきましょう。

 

サイトURLで検索

 

「この記事が参考になった」といったように自分のブログ記事を紹介されることがあります。
@ツイートをしてくれると通知があり分かりやすいのですが、そうでない場合は気づくことができません。

 

定期的に自分のWebサイトのURLで検索すると、案外シェアされていたりします。

その際の注意点として、「https://」「http://」を除いたURLで検索すること。
僕のブログの場合だと、

weblife-changinghacks.com

というように検索します。

他にも、記事タイトルで検索する方法もあります。

 

@ユーザーID名で検索

 

「@ユーザーID名」と検索すると、該当するユーザーがしたツイートやリプライ、メンションなど、関連するツイートをまとめて見ることができます。

そして、「from:@ユーザーID名」と検索すると、@ツイートやリプライが表示されない絞り込まれた検索結果となります。

 

他にも「@ユーザーID名」+「キーワード」と組み合わせたりするなど、気になるアカウントの動向をチェックしたいというときに便利です。

 

リツートされた数で検索

 

「min_retweets:数字」と検索すると、指定した数字以上のリツイートがされた投稿に絞り込むことができます。

 

例えば、自分が投稿したツイートに関してリツートが付いたものを検索したいときなんかに便利です。

その場合は、下図のように「@ユーザーID名」+「min_retweets:数字」と検索します。

リツートされた数で検索
▲リツートされた数で検索

 

この検索方法にはバリエーションがあって、

  • 「min_faves:数字」とすると、指定した以上の「お気に入り(いいね)」の数
  • 「min_replies:数字」とすると、指定した以上の返信の数

というように絞り込むことが可能です。

 

山根ただし
自分の投稿の反応を検索してリサーチしてみるのも参考になると思います。

 

 

 

まとめ:反応を分析しながら、愛されるTwitterアカウントにしよう

 

Twitterはコミュニケーションツールなので、やはりユーザーからの反応はとても気になります。

わざと炎上させるようなツイートをして、大きな話題性を狙うTwitterアカウントが存在します。
しかし、そういったアカウントはすぐに飽きられることがほとんど。

 

Twitterは本来楽しいものです。
自分の活動を知ってもらい、応援してくれる人を増やすような運用を心掛けたいものですね。

 

山根ただし
Twitterを一緒に楽しみましょう!
興味が湧いたら、ぜひフォローしてくださいね。
Twitterはこちらから

 


 

よく一緒に読まれている記事

 



最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG