【WordPress管理画面の使い方】初心者が知っておきたいダッシュボード機能



 

こんにちは。分析おたすけマンこと、山根です(Twitterはこちらから)。

サーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールして、サイトを立ち上げ、いよいよ更新作業。
ワクワクしますよね。

この記事では、サイトを更新する際に必ず使うことになるWordPressの管理画面についてお伝えします。

 

山根ただし
最初は難しく感じるかもしれない管理画面も、慣れてしまえばスムーズに進めることができるようになります。

 

「WordPressって何?」という方は、まずこちらの記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

WordPressとは?個人や企業のオウンドメディアにワードプレスをおすすめする理由

 

 

WordPressの管理画面の使い方

 

WordPressの管理画面には、ブラウザからアクセスします。
インストール後、管理画面にアクセスするためのURLが届きます。

  • ユーザー名(またはメールアドレス
  • 発行されたパスワード

でログインしましょう。

WordPressのログイン画面
▲WordPressのログイン画面

 

レンタルサーバーを用意してWordPressをインストールする方法は、下記の記事で詳しく説明しています。

あわせて読みたい

【誰でもわかる始め方】エックスサーバーでブログを作る。WordPressのインストールから設定まで解説

 

WordPressにログインして管理画面を表示する

 

管理画面にログインして、最初に現れるのは「ダッシュボード」と呼ばれる画面です。
この管理画面はこれから先、たくさんの時間を過ごすことになるページです。

ワードプレスのダッシュボード
▲ワードプレスのダッシュボード

 

ワードプレスの管理画面は、4つのエリアで構成されています。

  • ヘッダー
  • フッター
  • 左メニュー
  • メインの作業エリア

という感じですね。

 

ヘッダーは下図のようになっており、

WordPress管理画面のヘッダー
▲WordPress管理画面のヘッダー
  • WordPress.orgへのリンク
  • 自分のサイトを表示させるためのリンク
  • プラグインの更新通知
  • コメント件数

などが配置されています。

 

そして下図は左メニュー。

WordPress管理画面の左メニュー
▲WordPress管理画面の左メニュー

利用しているテーマやプラグインによって、表示されるメニュー項目は異なります。
また管理画面にログインするユーザーの権限によっても異なります。

 

初期設定から表示されていて、覚えておきたいのは下記のとおり。

  • 投稿→一般投稿(つまり記事のこと)を管理
  • メディア→画像を管理
  • 固定ページ→一般投稿以外のWebページを管理
  • コメント→ブログに寄せられたコメントを管理
  • 外観→テーマやウィジェットを管理
  • プラグイン→プラグインを管理
  • ユーザー→管理画面を利用するユーザーを管理
  • ツール→管理画面データのインポートやエクスポートができる
  • 設定→自分のWordPressサイトに関して、各種設定が可能

 

慣れないうちは大変かもしれませんが、WordPressのいろいろな機能を一つずつ理解して、

  • どのように使うのか
  • どうやってWordPressのサイトを自分らしくカスタマイズできるのか

を考えていきましょう。

 

WordPressのダッシュボード機能とは?

 

WordPress のダッシュボード画面ではボックスと呼ばれる情報エリアが表示されます。

初期設定のダッシュボードには 5つのボックスが表示されています。

  • 概要
  • アクティビティ
  • クイックドラフト
  • WordPressニュース
  • ようこそ

の 5つです。

 

ボックスの設定

 

ボックスとは、画面上で、ひと目で情報を得られるように工夫されたアプリケーションプログラムのこと。
WindowsやGoogleではガジェットと呼ばれますね。
ブログのサイドバーに追加するウィジェットは、ブログパーツとも呼ばれます。

 

同じような機能でも、サービスによって呼び方が違うというのはよくあることです。
ウィジェットは、けっこう多用される用語なので、混同しないようにしましょう。

 

山根ただし
それでは、ウィジェットの1つひとつを見ていきましょう。

 

ボックス1 「概要」

自分のサイトの投稿数、固定ページ数、コメント数に加え、WordPress のバージョンと、サイトで有効化している現在のテーマが表示されます。

まとめ的に自分のサイトの状況がわかるので、便利な機能です。

 

ボックス2 「アクティビティ」

おもにはブログのコメントを管理するモデレート機能が集まっているウィジェットです。

  • コメントの承認や拒否
  • コメントしてくれた方への返信
  • コメントの編集
  • コメントをスパムとして分類する機能
  • コメントの削除

 

といった操作ができます。

 

スパム (spam) とは、迷惑メールやメッセージのこと。

アメリカの食品メーカーが販売するSPAMという缶詰が語源です。

 

『空飛ぶモンティ・パイソン』というイギリスの人気コメディ番組に「スケッチ」というエピソードがあります。
内容は、SPAMを嫌いな夫婦がレストランでメニューを開くとすべてSPAMのメニュー。
店員はSPAMと連呼、店内の客達もSPAMの歌を歌うというありさま。

結局、SPAM嫌いな夫婦はスパムを注文してしまうという話です。
このエピソードから、大量で迷惑なものを繰り返すことをSPAM(スパム)というようになりました。

 

山根ただし
IT用語には、このように語源がおもしろいものが多いんです。

 

ボックス3 「クイックドラフト」

ちょっとしたメモ機能として使えるウィジェットです。
「下書きとして保存」をしたメモは下図のように投稿一覧に表示されます。

 

ワードプレスのクイックドラフト
▲ワードプレスのクイックドラフト

 

投稿一覧にある下書きのタイトルをクリックすると公開用の編集画面が開きます。
調べものをしているときに、新しい情報に出会って「いつか記事にしよう」とアイデアが浮かぶことがありますよね。

そんなときはクイックドラフトにメモしておくと便利です。

 

ボックス4 「WordPress イベントとニュース」

「WordPress 日本語ブログ」または「WordPress 日本語フォーラム」から最新情報が表示されます。

とくに「WordPress 日本語ブログ」は、WordPressに関するさまざまな情報が掲載されているので、とてもお世話になるブログです。
いくつかコンテンツがあるので、簡単に紹介しておきます。

 

・プラグイン、テーマ

「プラグイン」「テーマ」はライブラリとなっていて、たくさんのプラグイン、テーマが紹介されています。
またそれらをダウンロードして使うことができます。

 

「WordPress 日本語ブログ」に掲載されているプラグインやテーマは、厳正な審査のうえ掲載されているので、機能や安全が保証されたものです。

ワードプレス日本語ブログ プラグイン
▲ワードプレス日本語ブログ「プラグイン」

 

ワードプレス日本語ブログ テーマ
▲ワードプレス日本語ブログ「テーマ」

 

・ドキュメンテーション

「ドキュメンテーション」からは、codexという公式オンラインマニュアルにアクセスできます。

 

このcodexは、WordPressユーザーによって作られています。
「フォーラム」では、不具合や不明な点があったときに質問を投稿できます。

 

初歩的な質問は「ドキュメンテーション」に記載されています。

ドキュメンテーションで情報に当たらなかった場合は、「フォーラム」で質問してみましょう。

WordPressは「オープンソース」と呼ばれるサービスです。
オープンソースならではのメリットとデメリットがあるので、しっかり理解してWordPressを利用したいところです。

 

・勉強会

WordPressを勉強したい人が集まるイベントが豊富です。

「WordPress イベントとニュース」では、近くで開催される勉強の情報が表示されます。
勉強会は「meetup」というWebサービスを介して参加できます。

 

例えば、WordCampといったWordPressの大きなイベントの案内も届きます。

あわせて読みたい

【イベントレポート】WordCamp Tokyoへ行こう-WordPressユーザーにおすすめのイベント

 

 

ボックス5 「ようこそ」

「記事を書く」「Webサイトを構築する」といった作業へのリンクが表示されます。
「サイトをカスタマイズ」をクリックすると、実際のサイトをプレビューしながら作業できます。

 

 

ボックスは表示/非表示を切り替えられる

 

ボックスは、画面右上にある「表示オプション▼」から非表示にすることができます。
必要ないボックスは非表示にして構いません。

 

ウィジェットの非表示
▲ボックスの非表示

 

ボックスのカスタマイズ

 

「ようこそ」以外の4つのウィジェットはボックスの移動が可能です。
「アクティビティをよく見るから、見やすい位置に変更したい」というときは利用してみてください。

 

山根ただし
ドラッグ&ドロップで簡単にレイアウト変更できます。

 

 

ドラッグ&ドロップで簡単にレイアウト変更
▲ドラッグ&ドロップで簡単にレイアウト変更

 

また、タイトル部分をクリックすると、表示を閉じてスッキリさせることもできます。

ウィジェットのタイトルをクリックして表示を閉じる
▲ウィジェットのタイトルをクリックして表示を閉じる

 

 

まとめ:WordPress管理画面にログインしたら、まずは色々と試そう

 

このダッシュボードですが、左側メニューの一部を簡略化したものです。
左側メニューからも同様の作業ができます。

ダッシュボードか左側メニューか使いやすいほうを利用してください。

 

要は慣れの問題なので、あまり深く考えすぎずに、まずはいろいろ試してみましょう。
使っていくうちに自身のルールが定まっていくはずです。

 


よく一緒に読まれている記事

 



最新情報をチェックしよう!
>【LCH式】サイト改善コンサルティング

【LCH式】サイト改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG