エックスサーバーでブログを作る!WordPressのインストールまで徹底解説

エックスサーバーでブラウザキャッシュ設定とXアクセラレータを設定しよう!

エックスサーバーでブログを運営している方には、「ブラウザキャッシュ設定」と「Xアクセラレータ」の機能提供開始のお知らせが届いたと思います。

 

この機能っていったい何なのでしょうか?

 

今回の記事では、この2つの機能について説明します。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
立て続けに提供が開始されたこの2つの新機能。両機能とも表示速度を向上するものですね!



 

ページスピードインサイトで速度を確認

 

以前、モバイルファースインデックスに触れた記事でWebページの表示速度に触れました。

 

検索からWebサイトにアクセスしてくれたのに、Webページが重たくてなかなか表示されずに離脱……。

そのようなことは避けたいですよね。

 

そういったことが起こっていないか? 確認するためにはGooleアナリティクスを見てみましょう。

ページビュー数がカウントされているのに、平均セッション時間が「0秒」なんてページがあったら要注意です!

 

現在の表示速度は?

 

「ブラウザキャッシュ設定」「Xアクセラレータ」、この2つの機能を設定することで表示速度に変化があるのか試してみますね。

まずは設定前のWebページ表示速度を調べてみます。
表示スピードはGoogleが提供しているページスピードインサイトで調べることができます。
さっそくアクセスしてみます。

 

入力欄に自分のブログのURLを入力して「分析」をクリック。

 

Googleのページスピードインサイト
▲Googleのページスピードインサイト。

 

すると――

 

モバイルは61。

 

モバイルの表示スピード
▲モバイルの表示スピード。

 

パソコンは77。

 

パソコンの表示スピード
▲パソコンの表示スピード。

 

TOPページは画像も多いですし、表示速度が遅いですね……。

[adchord]

エックスサーバーでの設定方法

 

それではさっそく設定していきます。

 

ブラウザキャッシュ設定

 

まずはブラウザキャッシュ設定から。
設定自体はボタンをクリックしていくだけなのでめちゃくちゃ簡単です!

 

エックスサーバーにアクセスし、サーバーパネルにログインします。

 

エックスサーバーにアクセス、サーバーパネルにログイン
▲エックスサーバーにアクセス、サーバーパネルにログイン。

 

次に「高速化」のメニューにある「ブラウザキャッシュ設定」をクリック。

 

「高速化」にある「ブラウザキャッシュ設定」をクリック
▲「高速化」にある「ブラウザキャッシュ設定」をクリック。

 

そうすると「ブラウザキャッシュ設定」をするドメインを選択画面に移ります。
設定するドメインを選んで「選択する」をクリック。

 

ブラウザキャッシュ設定をするドメインを選択
▲ブラウザキャッシュ設定をするドメインを選択。

 

ブラウザキャッシュ設定をするファイルを選びます。
ここは何も考えずに「すべてのファイル」にして構いません。

ブラウザキャッシュ設定をするファイルを選ぶ
▲ブラウザキャッシュ設定をするファイルを選ぶ。

 

「設定変更」をクリックすれば完了です。

ブラウザキャッシュ設定は完了
▲ブラウザキャッシュ設定は完了。

 

Xアクセラレータの設定

 

エックスサーバーの公式サイトによると、XアクセレータはWebページの表示速度と、同時アクセスのパフォーマンスを改善したとのこと。
こちらも設定していきましょう。

 

同じくサーバーパネルにアクセス。
「高速化」のメニューにある「Xアクセレータ」をクリック

「高速化」にある「Xアクセレータ」をクリック
▲「高速化」にある「Xアクセレータ」をクリック。

 

ドメインを選択画面に移るので、設定するドメインを選んで「選択する」をクリック。

 

Xアクセレータ設定をするドメインを選択
▲Xアクセレータ設定をするドメインを選択。

 

ここも同じく設定をするファイルを選びます。
何も考えずに推奨設定である「静的ファイル」を選びます。

 

Xアクセレータ設定をするファイルを選ぶ。
▲Xアクセレータ設定をするファイルを選ぶ。

 

「設定変更」をクリックすれば完了。
Xアクセレーターの設定もボタン操作のみで簡単でした。

 

Xアクセレータ設定は完了
▲Xアクセレータ設定も完了。

 

ブラウザキャッシュ設定とXアクセラレータを設定後の速度を確認

 

再びGoogleのページスピードインサイトで表示スピードを確認してみます。

 

パソコンは――
77から84へ!

ステータスは「Good」に変化しました!

 

パソコンの表示スピードはGoodに
▲パソコンの表示スピードはGoodに。

 

一方、モバイルのほうは――
61から65へ。

ステータスは「Medium」のまま。

 

モバイルの表示スピードはMediumのまま
▲モバイルの表示スピードはMediumのまま。

 

モバイルについてはもっと速度が早くなって欲しいですよね。

 

wi-fi回線なのか4Gなのかで、ページの速度も変化します。

体感値で表示速度が速くなった気はするのですが、数値として確認する方法があるのか?

う~ん。判断ができないので、エックスサーバーに問い合わせてみました。

 

回答は――

  • Xアクセラレータは確かにWebサイトの表示速度を向上させる機能である
  • ただ、どの数値を確認してということはかなわないので了承いただきたい
  • wi-fi回線のみでの低下なのかもしくは4G回線のみでの低下なのか、例えば夜間など、特定の時間帯で発生する状況かも確認をするとよい
  • WordPressの「WP Fastest Cache」といったキャッシュプラグインを導入すると、さらに改善される場合もある

とのことでした。

 

丁寧な回答がありがたい!
「WP Fastest Cache」は試してみようと思います。

 

エックスサーバーは、どんな問い合わせでも丁寧に回答してくれて、しかも返信が早い!

 

レンタルサーバーを検討している方はエックスサーバー、本当におすすめです。

 

 

[adchord]

 

 

結論:ブラウザキャッシュとXアクセラレータを設定するとWebページの表示速度は速くなる

 

ページ表示速度が速くなるという点は間違いないですね。

 

Webページの表示速度を早くする対策は、画像や外部ファイルの圧縮などやらなければならないことが多く、少し面倒ですよね。

しかし、スマホでインターネットを見ることが主流の今の時代、避けられません。

 

avatar

山根ただし

ページの表示速度まで考えていなかったという人は、まずブラウザキャッシュとXアクセラレータを試してみましょう!

 

  • ブラウザキャッシュ設定もXアクセラレータもボタン操作で簡単に設定できる
  • Webページの表示速度が少し改善する
  • Webページの表示速度はGoogleの「ページスピードインサイト」で確認しよう

 

 

エックスサーバーの機能を徹底解説した記事はこちら
エックスサーバーでブログを作る!WordPressのインストールまで徹底解説
広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG