ワードプレスのインストールから常時SSL、リダイレクトの設定まで

ワードプレスのインストールから常時SSL、リダイレクトの設定まで

いよいよ今回の記事ではWordPress(ワードプレス)をインストールします。

 

今回の記事で説明するWordPress(ワードプレス)のインストールと初期設定は、住所(土地)に家を建てるための骨組みを作る作業となります。

 

avatar

山根ただし

サイトに訪問いただきありがとうございます。
このブログの管理人、山根(@Hackagogo)です。
自分のドメインでサイトを持つなら、WordPressを利用するのが断然おすすめです!

 



 

 

 

サーバー契約からブログ開始までの手順は5ステップです。

 

エックスサーバーにWordPressをインストール方法

 

エックスサーバーには、WordPressを簡単にインストールできる「自動インストール」という機能があります。

この「自動インストール」は、僕がエックスサーバーを選んだ理由のひとつでもあります。

エックスサーバー以外でも簡単にインストールする機能を提供しているレンタルサーバーはあるので、選定する際の目安にしてください。

 

エックスサーバーにWordPressをインストール

 

まずはエックスサーバーのサイトにアクセスして、インフォパネルにログインします。

インフォパネルにログイン
▲エックスサーバーのサイトにアクセスしてインフォパネルにログイン。

 

サーバーパネルを開きます。

サーバーパネルを開く
▲サーバーパネルを開く。

 

次に「ホームページ」にある「自動インストール」をクリックします。

自動インストールをクリック
▲ホームページにある「自動インストール」をクリック。

 

WordPressを自動インストールするドメインを選択します。

該当のドメインを選択
▲WordPressをインストールするドメインを選択。

 

「プログラムのインストール」タブをクリックします。

プログラムのインストール
▲「プログラムのインストール」タブをクリック。

 

WordPress日本語版の「インストール設定」をクリック。

インストール設定をクリック
▲「インストール設定」をクリック。

 

インストールのために必要な入力項目が表示されるので、1つづつ入力していきます。

インストールに必要な入力項目
▲インストールに必要な入力項目。

 

・インストールURL:
ドメイン=ブログのトップページのURLとしたい場合には空欄のままでOKです。

・ブログ名:
ブログ名を入力します。後から簡単に変更できます。

・ユーザー名:
WordPressへのログイン用IDとなります。覚えられるもの、かつ特定されないようなものにすると良いでしょう。

・パスワード:
WordPressへのログイン用パスワードとなります。簡単なパスワードだとセキュリティ上、良くありません。
記号や大文字、小文字、数字などの混ざった長いものにしておきましょう。

・メールアドレス:
メールを受信できるメールアドレスをを設定しておきましょう。

・データベース:
「自動でデータベースを生成する」にチェックをつけておきます。

 

入力が済んだら、「インストール(確認)」をクリックします。

インストール確認をクリック
▲入力が済んだら「インストール(確認)」をクリック。

 

確認画面が表示されるので、内容を確認して「インストール(確定)」をクリック。

内容を確認してインストール(確定)をクリック
▲内容を確認してインストール(確定)をクリック。

 

WordPressのインストールが完了しました!

 

インストール後の情報は必ず控えておこう

ログイン用URLや、データベースパスワードなどが記載されています。大切な情報なのでどれも控えておきましょう。

ワードプレスのインストールが完了
▲ワードプレスのインストールが完了。

 

avatar

山根ただし

wp-adminのURLは、これから毎日のようにアクセスすることになります。URLはブックマークに追加しておくといいですよ!

 

 

独自ドメインのURLにアクセスしてサイトを確認してみよう

インストールが完了した時点で、初期設定のデザインテンプレートでサイトが立ち上がっています。

初期設定のデザインテンプレート
▲初期設定のデザインテンプレート。

 

 

WordPressをインストールしたら、SSL通信の設定をしよう

 

インストールが済んだら、管理画面にアクセスします。

最初にまず設定しておくべきことがいくつかあるので、済ませてしまいましょう。

 

URLをhttp→httpsに変えよう

エックスサーバーで独自ドメインを取得する際、「無料独自SSLを利用する」という設定をします。
WordPressでSSLでの通信を行うための設定をしましょう。

 

\ 独自SSLの設定については、こちらの記事をご覧ください /
初心者でも迷わない!独自ドメイン取得~独自SSLの設定までをわかりやすく解説

 

WordPressの管理画面へアクセスしてログインしてみましょう。

ワードプレスの管理画面
▲ワードプレスの管理画面にアクセス。

 

IDとパスワードを入力します。

下図はログイン後に表示される「ダッシュボード」と呼ばれる管理画面です。

WordPressのダッシュボード
▲WordPressのダッシュボード。

 

左メニューにある「設定」をクリック。

設定をクリック
▲左メニューの設定をクリック。

 

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)それぞれのhttpとなっているところをhttpsに変更します。

httpをhttpsに変更
▲httpをhttpsに変更

 

ページ下にある「変更を保存」をクリック。

ブラウザのURLバーを見たときに「保護された通信|https://〜」となっていれば完了です。

 

ブラウザのURLバーで保護された通信を確認
▲ブラウザのURLバーで保護された通信を確認

 

http→httpsのリダイレクト設定をして、常時SSLにしよう

 

avatar

山根ただし

STEP3の最後のタスクです!あと一息、がんばりましょう!

 

httpでアクセスがあった場合、自動的にhttpsにリダイレクト(転送)されるように設定しましょう。

 

この設定をすることで、サイトは常にhttpsでアクセスされることになります。
これを常時SSLともいいます。

 

GoogleはhttpsのWebサイトの順位を優遇するロジックを実装しました。

今や常時SSLはあたりまえとなっています。

SEO対策としてだけでなく、常時SSLはセキュリティリスク低減や、開発・運用の簡素化、安全性や信頼性のアピールなど、多くの点でメリットがあります。

 

エックスサーバーのインフォパネルにログイン。「サーバーパネル」をクリックします。
それから「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネルにログイン
▲サーバーパネルにログイン。

 

「ホームページ」の項目にある「.htaccess編集」をクリック。

ホームページにある「.htaccessを編集」をクリック
▲ホームページにある「.htaccessを編集」をクリック。

 

取得したドメインを選択し、「.htaccess編集」のタブをクリック。

「.htaccess編集」のタブをクリック
▲「.htaccess編集」のタブをクリック。

 

エックスサーバーのマニュアル「Webサイトの常時SSL化」にあるコードを貼りつけます。

▼コードはこちらのページからコピーしてください。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_fullssl.php

 

すでに記入されているWordPress用のコードの上に、貼りつけましょう。

WordPress用のコードの上に貼りつけ
▲WordPress用のコードの上に貼りつけ。

 

貼りつけたら「.htaccessを編集する(確認)」をクリック。

 

内容を確認した後、「.htaccessを編集する(確定)」をクリックして、設定完了です。

 

これで、httpでアクセスしてもhttpsにリダイレクトされるようになります。

 

avatar

山根ただし

必ず自分のサイトにアクセスして確認しましょう。httpsに自動で切り替われば、うまくリダイレクト設定できています。

 

お疲れ様でした!

サーバーを契約→独自ドメインを取得→WordPressをインストール
という一連の手順は完了しました。

次のSTEPではWordPressの基本的な使い方をお伝えします!

\ 次のSTEPではWordPressの基本的な使い方をお伝えします! 続きはこちらから! /

  1. エックスサーバーのお申し込み~本契約まで(関連リンク)
  2. 独自ドメイン取得~独自SSLの設定まで(関連リンク)
  3. ワードプレスのインストールから常時SSL、リダイレクトの設定まで(この記事で解説しました)
  4. WordPressの基本設定を解説(関連リンク)
  5. まず確認するべきワードプレスの初期設定(関連リンク)

 

広告
>【LCH式】ブログ改善コンサルティング

【LCH式】ブログ改善コンサルティング

勘や経験に頼らないデータドリブンで、Webサイト・ブログを改善します!

特徴1:
Googleアナリティクスを利用した改善提案

特徴2:
データドリブンマーケティング

特徴3:
ご依頼主に合わせた改善提案

CTR IMG